t
ブンデスリーガ最終節が23日に行なわれ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、3-2で勝利を収めた。
 15分、イルカイ・ギュンドアンのパスを受けた香川が、ペナルティエリア内中央に侵入しフリーで左足を振り抜き、先制点を奪取。今シーズン、リーグ戦5 得点目を挙げた。2分後には、香川のスルーパスからエリア内左に抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンが、右足でゴール右隅に流し込んで追加点。1 点を返されるも、42分には再び香川のアシストからヘンリク・ムヒタリアンがネットを揺らす。終了間際、1点差に詰め寄られたドルトムントだが、そのまま 逃げ切り、最終戦を勝利で飾った。
 ドイツの地元紙『Westdeutsche Allgemeine』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。「香川、とんでもなく強いドルトムント攻撃陣で輝く」との見出しを付けると、香川に チーム最高点となる「1.5」(最高点1、最低点6)の高得点を与え、以下のように称えている。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。


動画


・あのロイスのボールタッチ。


・↑そして香川から出たパス。
ドンピシャだよ。


・これが我々の知っている&愛しているドルトムントだ。


・完璧なカウンターだね。


・ カガワ・ザ・ゴッド。


・すべてのプレーが素晴らしかった。


・ムヒタリアンが復調した様子を見られて嬉しい。


・ムヒタリアンは、大好きな選手の1人。
彼は良いシーズンを送らなかったが、調子が良い時は彼より良い選手はピッチ上にあまりいない。
アルメニアのマジシャンだ。


・アルメニアの誇り。


・これぞドルトムント。





・ムヒタリアンのボールコントロールが素晴らしかった。


・こういうゴールが生まれるから、サッカーが好きなんだ。


・それなのに、FIFAは現実的ではないと言う連中もいる。


・シンジ...。(マンUファン)


・典型的な香川の素晴らしいパス。


・もしヴォルフスブルク相手にこういうプレーが出来れば、DFB杯の優勝は確実だ。


・今年見たゴールの中で、ベストの一つだった。



http://goo.gl/U5BNcohttps://goo.gl/lPg7Va
シャヒン→香川→クバ→ロイス→クバ→ロイス→香川→オーバメヤン!(海外の反応)
follow us in feedly