5
日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのロベルト・ディ・マッテオ監督がクラブとの契約解消で合意に至ったと、ドイツ誌『キッカー』が25日に報じた。
 ディ・マッテオ監督は、昨年の10月にシーズン途中で解任されたイェンス・ケラー前監督の後任として、2017年までの契約でシャルケの指揮官に就任していた。
 その後、シャルケは 今シーズンのクラブ最高位である3位に浮上するも、終盤に失速。シーズン最後の10試合では2勝4分4敗で、最終節も残留争いをするハンブルガーSVに 0-2で敗戦していた。今シーズンは6位で終えて、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したが、なんとかヨーロッパリーグ出場権は確保している。
 11日にはMFケヴィン・プリンス・ボアテングとMFシドニー・サムを解雇したシャルケ。不調のままシーズンを終えたため、ディ・マッテオ監督の解任に踏み切った模様となった。
 ディ・マッテオ監督は、1970年生まれの44歳。スイス出身で、現役時代はラツィオやチェルシーなどでプレーした。イタリア代表としても活躍し、1998年のフランス・ワールドカップにも出場。引退後は指導者に転身し、イングランドのミルトン・キーンズ・ドンズやウェスト・ブロムウィッチを率いた後、2011年からはチェルシーで助監督を務めた。以後、チェルシーで暫定監督となり、2012年6月から11月までは監督も務めた。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



・予想通りだ。
ディ・マッテオのことは好きだが、シャルケで良い仕事が出来なかった。


・↑彼はどこへ行っても良い仕事をしていない。
CLでの試合以外は。


・↑現実を見ようぜ。
チェルシーがCLを制覇したのは、ディ・マッテオが戦術の天才だったからじゃない。
50%がドログバのおかげで、残りの50%は単にラッキーだったからだよ。
良くシーズンは、グループステージで敗退した。


・WBAでは良い仕事をしていたよ。


・罰当たりな言葉かもしれないし、彼の成功を祈っている。
でも彼は偉大な監督ではないようだ。(チェルシーファン)


・このニュースは事実であってほしい。
新監督に誰を迎えたいか自分でも分からないが、しばらく指揮をとってもらいたい。(シャルケファン)


・ヘルト(スポーツディレクター)もクビにするべきだろ。


・ヘルトをクビにしたところで、大した手助けにはならないだろう。






・いずれにせよ、シャルケは酷い。
ディ・マッテオは、勿体ない。


・次はどこのチームを率いるのだろうか?


・彼を良い選択肢と思った人間もクビにするべきだ。


・自業自得さ。(シェルケファン)


・次のシャルケの監督は、誰になるかな?


・シャルケファンとして、こんなことを言うのが恥だ。
でもクロップは、チームにピッタリだと思う。


・↑クロップみたいな人間に監督になってほしいが、彼は嫌だ。
もし彼が我々の監督になったら、ブンデスリーガ史上最大のスキャンダルになるだろう。


http://goo.gl/dYfvLchttp://goo.gl/4pFL9Mhttp://goo.gl/QZqk1P
follow us in feedly