wr
PK(ペナルティーキック)の妨害といえば、おそらく多くの人はレーザーポインターを思い浮かべることだろう。選手の目元あたりに緑色の光がチラチラ。そんなフェアプレーの精神が感じられない光景は、見ているこちらまで気分が悪くなるものである。「妨害」という行為……ましてやファンが試合に水を差すことは絶対に許せないが、先日韓国のサッカーリーグでもPKを妨害する事件が発生した。しかし、驚かされるのは前代未聞のその手法。なんと選手がピッチに穴を掘ってしまったというのだ!!(ロケットニュース)
海外の反応をまとめました。


事件が起きたのは、2015年5月24日に行われた韓国1部リーグの光州FC(黄)vs 釜山アイパーク(青)の試合。そして0-0で迎えた後半20分、光州はPKのチャンスを得たシーンのことである。

・ペナルティースポットに穴

動画「부산 선수들 PK훼방 장면 _ K 리그 클래식」では、ゴールキーパーのイ・ボムヨン選手に注目していただきたい。仲間が審判に抗議をしている際、彼はスパイクで地面をザクザク掘っているのを確認できる。

そう、彼は意図的にペナルティースポット付近で足場が不安定になるように細工しているのだ。スポーツマンシップはどこやら……さらにはキッカーがふかして失敗したことで、非難の集中砲火を浴びる形になった。

・プロは子供の模範となる行動をするべき

PK失敗後にペナルティースポットの前でガッツポーズをする選手がいたこと、そして釜山アイパークが0-1で勝利したことで印象は最悪。ニュースで大きく報道されたことで、ゴールキーパーは謝罪したものの、後味の悪いままになってしまっている。

負けたくないという気持ちはわからないでもないが、勝つために何をやってもいいという訳ではない。ましてや子供の模範となるプロが妨害行為をするなど言語道断。相手へリスペクトを欠いたプレーは、絶対にやってはいけない行為だ。(ロケットニュース)

動画

ミラー

・イエローカードを受けるべきだった。
スポーツマンらしくない行為だ。


・情けない行為だな。


・賢いね。


・面白かった。
でもこいつは嫌な奴だ。


・ペナルティスポットで興奮している奴。(大爆笑)


・グラウンドを褒めるKリーグのディフェンダー
「やったな。この30秒間のトレーニングの成果だ。」


・↑2年後、世界の舞台であのペナルティスポットが国を代表する。
典型的なシンデレラストーリーだ。


・これは面白い。
みんなが関与している。
何人かがGKが見えないように遮って、審判の注意を惹く選手もいた。
何人かの選手たちは、「マジかよ?奴らは本当にやっているのか?」と恥ずかしそうにその場を去っている。


・↑練習場でこれを練習する奴らの姿を想像してみてくれ。(笑)


・本当に悲しい。





・審判がこんな行為を止めるように言うべきだったのでは?
イエローカードに値すると思う。


・ボールをちょっと横にずらせばよかったのでは?


・↑おそらくルールでは、ペナルティスポットにボールが触れていないといけないのだと思う。


・このGKはとてもクリエイティブだな。


・ただの酷いPKだ。


・FK/PKをもらうためにダイブしたり、コーナーフラッグ付近でボールをキープしたり、シャツを引っ張るのと同じことだよ。


サッカーは、不正のゲームになってしまった。

https://goo.gl/MGtZYghttps://goo.gl/kDnboQhttp://goo.gl/quG4z2http://goo.gl/AL5ZWF
follow us in feedly