hb

海外の反応をまとめました。




・(スレ主)バイエルンでの彼は期待外れだと言われている。
シンジと同じ状況だと考えずにはいられない。
性質とタイミングを考えると、ゲッツェの移籍はより難しいものだった。
もしバイエルンで余剰戦力と考えられ、市場価格が劇的に下がったのなら、彼の復帰は歓迎される?
すべての醜行は、忘れられる?
それとも根に持って、彼の獲得は見送る?


・(笑)


・歓迎されることは決してない。
残念だが、いつまでも彼は裏切り者だよ。


・ゲッツェは俺たちの前から失せてくれ。


・新しい名前で、偽の髭を生やしたら、もしかすると歓迎されるかもね。


・↑もし彼が24時間髭をつけて、私がどんな髭かを選べるのなら、結局彼のことを受け入れるだろう。


・お互いに上手くいかないと思うし、彼の復帰を考えることも無いと思う。
後戻りは出来ないよ。
一方のレヴァンドフスキは・・・温かい歓迎を受けるだろう。


・↑温かい歓迎?
それはないと思うが、彼は受け入れられる。





・ハハ、Noだな。


・この論理が笑えるよ。
彼が復帰するとしたら、我々が支払う移籍金の記録を破るだろう。
彼は少なくとも5000万ユーロ(約70億円)はするだろうからね。
それに彼は現在受け取っている給与の50%カットを受け入れないといけない。
彼はファン、メディア、ウルトラスに対処しないといけない。
もしかしたら、マンUに行ってベンチに座れるかもね。
でも年俸1400万ユーロでも、ドイツではあまり注目を浴びないだろう。


・↑ベンチに座ることはないと思うけどな。


・↑彼らには攻撃的MFがたくさんいる。
ディマリアとマタをサイドで起用するくらいだ。
ゲッツェはウイングとしては惨いし、ルーニーを差し置いて真ん中で先発することは無い。


・↑間違いなく来季は、ルーニーをストライカーとしてプレーさせると思う。


・彼が復帰するとは思えないが、もし復帰すれば、ファンはチャンスを与えると思う。
我々が彼を買って、ボールを触れるたびにブーイングをすることは、かなり頑固じゃないと出来ない。
彼は戻ってこないけどね。


・戻ってきたら、彼は期待はずれのままだろう。
もしくは、良いプレーをするかもしれない。
でも他のチームが給与を多く払おうとしたら、再びドルトムントを裏切るだろう。
いずれにせよ、ドルトムントにとっては良いことではない。

http://goo.gl/YlSjyD
follow us in feedly