u
日本代表FW本田圭佑が所属するミランは16日、シニシャ・ミハイロヴィッチ氏の新監督就任を発表した。契約期間は2年。
 ミハイロヴィッチ氏は2013-14シーズン途中にサンプドリアの監督に就任すると、降格危機からチームを救い、今シーズンは7位まで順位を引き上げた。現役時代はインテルでプレーした経験を持ち、引退後もロベルト・マンチーニ監督のもとアシスタントコーチとして2年間を過ごしている。
 ミランは 同日、フィリッポ・インザーギ監督の解任も発表。プリマヴェーラ(下部組織)の指揮官を務めていたインザーギ監督は、今シーズンからトップチームの監督に 昇格。2016年6月30日までの2年契約を結んでいたが、リーグ戦13勝13分け12敗の10位と、昨シーズンの8位を下回る順位で終え、欧州カップ戦 出場権を逃した。インザーギ監督にとってセリエAでの初挑戦は期待を大きく裏切る結果に終わり、本人は続投を強く願いながらも、来シーズンのプロジェクト にないことを告げられた。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・インザーギは、そもそもミランのような偉大なクラブを率いる準備が出来ていなかった。
偉大な選手だったけどね。


・セードルフは良くやっていたのに、理由も無く解雇された。


・ミランは監督ではなく元選手たちを雇っている。


・次はガットゥーゾだろうな。


・近頃のミランは、平凡なチームだ。


・驚きはない。


・これは予想通りだ。


・つまり現在のミランは、3人の監督に給与を支払っているのか?
セードルフ、インザーギ、ミハイロヴィッチ...。


・↑ミランはもうセードルフに給与を支払っていない。
彼は去年、大きな支払いを受けた。


・酷い決定だ。
ここ2シーズンの成績は、セードルフとインザーギのせいではない。
選手が欠けていて、けが人が多かったからだよ。


・アンチェロッティからインザーギまで、監督に対する憎しみと罰が理解できない。


・インザーギが他のセリエAのチームを率いる様子が見たい。
セリエBのクラブでも良い。


・アンチェロッティなら、ミランを再建できるかも。





・予想撮りだ。


・↑ミハイロヴィッチは、良い監督なのか?


・↑彼は狂っている。


・↑狂っていなければ、この仕事は引き受けないと思う。


・みんなどうかしている。
ミハイロヴィッチが選ばれたのには理由がある。
昨季の彼のサンプドリアでの仕事ぶりを見て来いよ。
下位チームをEL出場にまで導いた。


・ミランとミハイロヴィッチの両方にとって、良い結果になると良いね。


http://goo.gl/Ps9LCGhttp://goo.gl/I3XkPDhttps://goo.gl/88EpILhttp://goo.gl/HZ6fvD
follow us in feedly