fd
10年、11年に2年連続でJリーグ得点王に輝いた元J1名古屋のFWジョシュア・ケネディ(32)が現役を引退することが26日、分かった。今季から所属するオーストラリアAリーグのメルボルン・シティが発表した。
 2009年に名古屋へ加入したケネディは、1メートル94の長身を生かしてエースに君臨。10年に17得点、11年には19得点をマークして2年連続でJリーグの得点王に輝き、10年には名古屋を初のリーグ優勝へと導いた。
 日本での通算成績はJ1リーグ戦が133試合64得点、ナビスコ杯が4試合1得点、天皇杯が6試合3得点、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)が12試合4得点。
 昨季限りで6シーズンを過ごした名古屋を退団し、今季からメルボルン・シティへ移籍していた。ケネディはクラブを通じて「プロサッカーに求められるものはフィジカル的に厳しいと判断した」などと引退を決断した理由を説明。近年は腰痛に悩まされていた。 [ 2015年6月26日 15:53 スポニチ]
海外の反応をまとめました。




・悲しいニュースだ。


・ケネディが怪我で引退してしまうのは悲しい。


・彼が良いプレシーズンを迎えて、良いシーズンを送ることを願っていたのに。


・正しい決定だと思う。


・↑ああ、尊厳と評判が損なわれないうちに引退した方が良い。

良くやったよ、ケネディ。
オーストラリア代表とメルボルンでの思い出をありがとう。


・このニュースには特に動揺しない。
メルボルンでの彼は、適切に起用されなかった。
彼がいなくなっても悲しくない。


・このような形で彼がキャリアを終えてしまうのは悲しいね。
我々と契約せずに引退するべきだったと思う。
メルボルンでのプレーよりも、ブラジル行きを決めたイラク戦でのゴールで彼のことを思い出す。





・彼は良い奴だ。
これは良いニュースに他ならない。
彼は以前のように動くことが出来なくなっていた。
これで我々は若いストライカーに集中できる。


・なんてことだ。
どう思って良いのか分からないよ。


・彼の後釜は誰?


・もしケーヒルが最近あげた2ゴールで、上海のファンをなだめることができないのなら、彼をメルボルンシティで見ることが出来るかも。


・ブレッシャーノかケーヒル、次に引退するゴールデンエイジの選手は誰だ?


・間違いなく悲しいニュースだ。
彼がオーストラリア代表でプレーする様子を見るのが好きだった。
代わりに誰か大物の契約出来ると良いな。


・どう思って良いのか分からない。
怪我ならどうしようもない。
でもきちんとクロスを上げられるウイングを見られたら良かったのに。


http://goo.gl/HLqMJGhttp://goo.gl/xJkNgf
follow us in feedly