4
かつてはJリーグでもプレーし、現在はロシアプレミアリーグのゼニトに所属するブラジル代表FWフッキ(28)がロシアで受けている人種差別について語った。英『ガーディアン』が報じている。
 フッキは2012年9月、ポルトからロシアプレミアリーグ史上最高額の5年契約でゼニトへ加入。2015年2月には、2019年6月30日まで2年間の 契約延長をしている。長きに渡りロシアでプレーするセレソンだが、スタジアムでは「ほぼ毎試合、人種差別にあっている」と明かした。
「僕はほとんど全ての試合で人種差別を目にしているんだ。最初は怒っていたけれど、いつまでたってもこの問題は解決しない。だからそんな時にはファンへ投げキスをして、怒りを沈めてくれるようアピールする」以下略(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



・彼を怒らせてはいけない。


・人種差別の問題が無くても、ロシアは十分酷そうな場所に見えるよ。


・ロシアは極端に外国人嫌いの国だ。
ロシア人に大多数のロシア人がどのような感じなのか聞いてみると良い。


・今でも我々は君のことを歓迎するぞ。(ポルトファン)


・理解できないのは、ほとんどのロシアのチームのベストプレーヤーは黒人だということだ。
どうしてゴールを決める者に恩を仇で返すの?


・↑人種差別と論理は上手くいかないことだ。


・気分が悪くなる。
こんなことをする連中は自分のことを恥じるべきだ。
関わる人間を罰する手段を講じて欲しい。





・醜い国だ。


・↑女性以外はね。


・>>醜い国だ。
↑どの国にも言えることだろ。


・ドイツでは人種差別が全く無くて良かったよ。


・↑トルコ人としては、これには少し同意できない。


・↑皮肉で言ったんだと思うぞ。


・ロシアで人種差別。
これは驚きだな。


・Dota 2で遊ぶ者としては、全く驚かない。


・外国人ならロシアでプレーするな。
基本的なルールだ。

https://goo.gl/oHzAwHhttps://goo.gl/vzdQhh
follow us in feedly