3
果たして何を意味するものなのか。ドイツで物騒極まりない事件が起きた。サッカークラブのバスが、走行中に銃撃を受けたのだ。“標的”は、日本代表選手も所属するヘルタだった。 事件はヘルタが臨むDFBポカール1回戦前日の9日に起きた。ドイツ北西部のビーレフェルトを走行中のヘルタのチームバスに向け、バイクで走行中の何者か が発砲したのだ。この銃撃により、バスのフロントガラスにひびが入ったが、ケガ人はなかった。当時、バスはビーレフェルト中央駅で選手たちを乗せるため に、チームが宿泊するホテルから移動している最中で、乗っていたのは運転手だけだった。 ヘルタによると、犯人は当初バスを追い越し、運転手を拳で脅していた。続けて、銃を取り出し、バスと運転手に向けたという。クラブが『ツイッター』で投稿した写真では、バスの運転手席側のフロントガラスに銃弾跡がくっきりと見えている。(goal.com)
海外の反応をまとめました。


画像
q


・選手たちが傷ついていないと良いのだが。


・乗客は誰もいなかったようだけどね。


・↑バスの運転手が車内にいた...。


・残念だよ。動機は一体何だろうか?


・↑分からない。
今週末、ドイツ杯が始まったばかりだ...。


・テロ攻撃ではないことを祈りたい。


・↑そうは思わない。
今週末、自称「ファン」たちがドイツで大暴れした。


・狙撃犯がドイツ人ではない方に、いくら賭けたい?


・マフィアの仕業だ。
すべての国のサッカーリーグは、汚れている。
マフィアがリーグを管理している。
政府と警察はそれを許して、賄賂を受け取っている。
ルーマニア、フランス、ベルギー、ポルトガルリーグでそれを見ることが出来る。





・チェルシーにもっと簡単に起きそうなのに。
彼らはいつもバスをピッチ上に停めているから。


・これは病んでいるな...。


・アンチフットボール。


・自分たちのことを「ファン」と呼ぶ哀れな連中だよ。


・必ずしもビーレフェルトのファンの仕業とは限らない。
ヘルタと彼らの間には、対立関係は存在しない。


・この世の中が如何に滅茶苦茶なのかを表しているよ。


・バスの運転手に対する個人的な攻撃かもしれない。


・↑車内にはバスの運転手しかいなかった。
銃弾で空いた穴は運転手席側にある。
だから運転手に対する警告か、運転手の命を狙ったのだろう。


・サッカー界でこういうニュースを耳にするべきではない。
誰も怪我をしなくて良かった。

https://goo.gl/WnZcKrhttps://goo.gl/O0TLZShttp://goo.gl/rNEdJg
follow us in feedly