12
ボルシア・ドルトムントMFケヴィン・カンプル(24)は28日にレヴァークーゼンへの移籍が決定し、両クラブから発表が行われた。
レヴァークーゼンとの契約は2020年までの5年間。背番号はドルトムントで使用していたものと同じ44となる。
スロベニア代表のカンプルは今年1月にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントに加入。昨季はブンデスリーガで13試合に出場したが、トーマス・トゥヘル新監督の就任した今季のチームで定位置獲得には至っていなかった。
FWソン・フンミンにトッテナムへの移籍話が浮上したことで、レヴァークーゼンは代役としてカンプルの移籍に動いていると報じられていた。28日には両選手の移籍決定がともに発表されることになった。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。




・カンプルは間違いなく期待外れだった。
我々から1100万ユーロで彼を買ってくれてありがとう。


・何?どうかしている!
カンプルは素晴らしいプレーをしていたのに。
良い契約だった。
誰か説明できるか?


・↑彼はドルトムントで18試合に出場して、1ゴールも決めなかった。
ドルトムントに留まっても、あまり出場機会を得られないだろう。
ほとんどの時間をベンチで過ごすことになる。
彼を移籍させてやるのは、正しい決定だったと思う。


・グッドラック、ケヴィン。
君のことを恋しく思うだろう。



・裏切り者だよ。
少なくとも、あと一年はチームに残るべきだった。


・この移籍にショックを受けている。
彼にはポテンシャルがあった。
ドルトムントにとっては悪い移籍だ。
レヴァークーゼンにとっては良い移籍だよ。
ソンの後釜を手に入れた。


・レヴァークーゼンはソンの後釜をすぐに見つけた。


・↑カンプルと契約する前に、ソンの移籍金を手にするのを彼らは待っていたはずだよ。
取引がドミノのように駄目になることはよくある。





・別の移籍話では、ジェレミー・ドゥツィアクがザンクトパウリに買戻しのオプション付きで移籍した。
ドルトムントを去るかもしれない選手:ブワシュチコフスキ、グロスクロイツ、キルヒ、ライトナー。
加入の可能性のある選手:パク・チュホ。


・ドルトムントにはストライカーが必要だ。
ラモスはインモービレと変わらないと思う。


・レヴァークーゼンはカンプルの古巣だ。
彼はユース時代をずっとここで過ごした。
ロジャー・シュミットは、RBライプツィヒでカンプルの監督だった。
関係者全員にとって安全な移籍だし、カンプルはCLでプレーできる。


・ドルトムントは代わりに誰かを買うのだろうか?
彼らが誰かを獲得するという噂話を聞いていない。


・↑あのポジションには選手がたくさんいる。
誰かを獲得する理由が見当たらない。


・グロスクロイツが移籍したり、リザーブチームに留まり続けるのなら、選手層が薄くなる。


・↑我々はマインツの左サイドバック、パク・チュホを買おうとしているよ。

https://goo.gl/KHHPRshttps://goo.gl/kJ90S8http://goo.gl/rdy0EXhttps://goo.gl/RTKw8Xhttps://goo.gl/jSxRDU
follow us in feedly