e
 28日、欧州サッカー連盟(UEFA)は2015-16シーズン欧州リーグ(EL)の本戦組み合わせ抽選会を行い、日本代表MF香川真司が所属するドル トムントは、PAOK(ギリシャ)、FCクラスノダール(ロシア)、ガバラ(アゼルバイジャン)と同じグループCに入った。
 ところが同日、ドイツ紙『ビルト』が報じたところによると、今シーズンここまでの公式戦7試合で6ゴール8アシストを記録しているアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンにとって、非常に大きな問題が生じているという。
 同選手の祖国アルメニアは、ガバラのあるアゼルバイジャンと、ナゴルノ・カラバフ自治州の領有権をめぐり、1988年から軍事衝突。1994年に停戦合 意がなされてはいるが、両国間の敵対感情はいまだに激しく、アルメニア人であるムヒタリアンには滞在ビザが発行されない可能性が高いそうだ。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



・もしアゼルバイジャンがそんなことをしたら、大会から追放すると脅せよ。
そうすれば彼らはスタンスを変えるだろう。


・今のムヒタリアンのプレーぶりを考えると、彼はガバラ相手に1,2点奪うだろう。
アルメニア人がアゼルバイジャンでゴールを決めたら悲劇的だ。
もし彼がベンチに座る選手だったら、問題にならなかっただろう。


・アゼルバイジャンはあらゆる国際大会でプレーすることを許されるべきではない。


・一体いつからスポーツと政治が混同されるようになったんだ?


・サッカー界に政治の居場所など無い。


・UEFAはガバラの試合を没収しろよ。


・↑問題なのはガバラではなく、アゼルバイジャン政府だ。
クラブには何の関係もないし、政府の対応に影響力を持たない。


・彼がいなくても、ドルトムントは問題ないだろう。


・↑ドルトムントが勝つことは知っている。
アゼルバイジャン政府がUEFAのルールを否定することが異常なんだ。





・ガバラに対しても同じ扱いをすれば?
ガバラのGKにビザを発給しなかったら、ドイツでのセカンドレグで彼らに恥ずかしい教訓を教えることになるだろう。


・彼がいなくても問題ない。
彼がいないことでその試合に負けたとしても、ドルトムントは楽にグループステージを突破する。


・ドルトムントはその試合をボイコットするべきだ。


・アゼルバイジャンのその試合で、ドルトムントはロイスとGKがいれば十分すぎるくらいだ。


・深刻な犯罪歴があるなどの理由以外で、アウェイチームの選手にビザを発給しないのなら、UEFAは中立地に試合の開催地を移すべきだと思う。


・↑何かしらのルールがあるべきだ。


・もしこんなことが起きたら、FIFAはアゼルバイジャンを完全に追放するべきだ。


・トゥヘルはムヒタリアンを置いていけ。
政府や民間人といざこざを起こすな。
ブンデスリーガの為に、ムヒタリアンの状態を維持できるしね。
その試合に勝つために彼は必要ない。

https://goo.gl/deUXlVhttp://goo.gl/1Jq1xN
follow us in feedly