11
9月30日、日本代表FW本田圭佑の所属するミランは、シャルケに所属するガーナ人MFケヴィン・プリンス・ボアテングが年末までチームの練習に参加することを発表した。
 ボアテングは今年5月にシャルケから戦力外を通告され、トップチームでの練習参加や試合出場を禁止されていた。しかし、今夏獲得を希望した複数クラブと移籍金交渉がまとまらず、クラブへ残留することとなっている。
 2010年から2013年までミランでプレーしていた同選手は、3シーズンでリーグ戦74試合に出場し10ゴールをマーク。12-13シーズンには現在本田が着けている背番号「10」を背負っていた。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



・おかえり。


失敗した選手たちともっと契約しよう。
ここ数年我々が行っているようにね。
それと彼に年俸400万ユーロ払おう。


・ガッリアーニは継続性が必要だ。
我々に必要なのはチャンピオンであって等外馬ではない。


・以前のこの男は素晴らしかった。
何が起きるか分からない。
彼は我々にスクデットをもたらした。


・彼はどうやって別のクラブを見つけるつもりなんだ?
彼はプレーする場所すべてで問題を起こす。


・フィットネスを向上させるために一緒に練習するんだろ。


・ただミランと一緒にトレーニングするだけだと私は確信している。


・はっきりさせておこう。
彼はミランと契約するわけではない。
ミランは彼に練習参加をさせるだけだ。
復調させるためにね。
もしかしたら契約するかもしれない。


・↑ボアテングと契約してほしい。
今のミランはバッドボーイズの本部みたいだ。





・ミランは本当に老人ホームになりたいようだね。


・それでもモントリーボよりはマシ。


・本田より悪くなりようがない。


・彼は28歳だから、あと3~4年プレー出来る。
移籍金無しで来られる。
ガッリアーニの特技だ。


・これぞミランに必要なことだ。
ポテンシャルよりもエゴが大きい選手。
カッサーノも契約出来るのでは?


・↑想像してくれ。
ボアテング,カッサーノ,バロテッリ。


・↑ターラブト、ニアン、メネズも。


・↑監督はモウリーニョで。


・↑モウリーニョのエゴは間違いなく彼のポテンシャルよりは大きくない。


・たぶん次はムンタリがミランに返ってくる。

http://goo.gl/aKFi74https://goo.gl/4pu2eYhttp://goo.gl/2uD3Ilhttps://goo.gl/SXOdQL
follow us in feedly