5
2015年11月5日、澎湃新聞によると、中国でサッカーの人気解説者がネット中継の生放送中に居眠りしてしまうハプニングがあった。
中国時間の4日早朝に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、レアル・マドリード対パリ・サンジェルマンの生中継で、解説者の董路(ドン・ルー)氏が不覚にも居眠りをしてしまった。
董氏は試合後、自身の中国版ツイッターで「(サッカーに対する)愛情が冷めたわけではない。もう若くないので…」と釈明し謝罪したが、番組側は即座に、今後の起用をしばらく見合わせると発表した。 以下略(レコードチャイナ)
海外の反応をまとめました。


動画


・ハハハ!どうして私は驚かないのだろう?


・これは理解できるよね?


・あの試合は彼が期待したほどではなかった。
彼は眠る必要があった。


・退屈な試合だったから、彼は居眠りしたんだよ。


・公平なことを言うとすれば、あれはつまらない試合だった。


・たぶん前日に十分な睡眠をとっていなかったのだろう。


・彼はクビにはなっていない。
謹慎になっただけだ。


・チェルシーの試合ではなかったことに驚いた。


・チェルシーの試合中は、どうするのだろう?


・カンフーサッカーの試合中は、彼は居眠りしない。


・↑彼らは少林サッカーという素晴らしい映画を作った。
見てみろよ。
どうしてあれをサッカーと呼んだのか理解出来ないけど。





・まあ、あれはゴルフを見ているかのようだったからな。
理解できるよ。


・退屈な試合だったからな。
彼が居眠りする前に、俺は眠ってしまったよ。


・この試合は中国では午前3時45分開始であったことに気付いているか?
試合が退屈だったから、居眠りしたわけじゃないぞ。


・↑君は夜中に働いている人たちもいることに気付いているよな?


・実況として彼は最悪だ。
試合中に関係のない戯言をたくさん言う。
彼が実況の時は、俺は音声を消して試合を見るようにしている。


・↑どの言語でも同じような事例があることを、我々全員が知っている。


・↑彼は中国サッカーのマイケル・オーウェンなのか?


・まあ、サッカーの実況は「夢」の仕事と彼は言っていたわけだし。

https://goo.gl/JzUJZc,https://goo.gl/SoZSWR,https://goo.gl/tloIkc,https://goo.gl/ZUOKLJ,http://goo.gl/W0N9hU
follow us in feedly