we
ボルシア・ドルトムントMF香川真司は、8日に行われたシャルケとのルールダービーにフル出場して1ゴールを記録し、チームの勝利に貢献した。ドイツメディアは、香川に一定以上の評価を下しており、メディアによってはチーム最高評価となっている。香川は30分にヘディングで先制ゴールを記録するなど、存在感を見せた。特に高い評価を下したのは『ビルト』で、1ゴール1アシストのDFマティアス・ギンターとともに最高評価の「1」がついている。地元メディアの『WAZ』は、ギンターに加えてMFイルカイ・ギュンドアンを高評価。2人に「2」をつけた。香川は「3」の採点で、このような寸評が記されている。「ヘディングで先制点を決めることは、ほとんど誰も予想していなかっただろう。だが、ダービーでの彼は、並外れたプレーを成功させるようだ。それ以外では中盤で働き、非常に長い距離を走ったが、見せ場となる前方へのプレーはなかった」以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。




ゴール動画リンク

・シンジがヘディングを決めた?


・一番ヘディングを決めそうな選手では無い。


・そしてアウェイのファンの前で喜ぶ。
彼はダービーの伝説だ。


・マジかよ。
香川がマーカーを押し倒して、アウェイファンに走って向かって喜ぶ。
非常に冷たい。


・クバがダービーでゴールを決めた時のことを思い出した。


・香川がアウェイファンの方に一直線に向かい、今年一番ゴールを喜んだ。
ヒーローだ。


・↑彼にこんな面があったとは。
嬉しい驚きだ。


・オーバメヤンと香川がシャルケに対して尊敬の念を持っていない様子が好きだ。
彼らはダービーを理解している。





・彼のことが恋しい。
ユナイテッドで一番好きな選手だった。
彼が良くやっている様子を見られて嬉しい。



・ターゲットマン香川!
キャリアの中でヘディングを何本決めたのだろう?


・↑ブンデスリーガで?
2本だよ。


・↑結構前のことだったから、正確に憶えているか分からない。
でも、たしかギュンドアンがゴールまで同点ゴールを決めようとして、香川の頭を目がけてシュートを打った。


・↑5年前のことだ。


・↑ブレーメン戦だ。
それとあれは1-0の決勝ゴールだった。


・おお!彼はかなり高く飛んだね。


・5フィート7インチ(約170cm)しかない男に負けるディフェンダーは恥を知れ。


・先制ゴールを決めて、相手を押しのけて、敵のファンの前でゴールを祝う。
この男はダービーの戦い方を知っている。

https://goo.gl/ADvKSC,https://goo.gl/cNceFZ
follow us in feedly