t
サッカーの元日本代表で現役最年長Jリーガーの48歳、三浦知良選手が所属するJ2の横浜FCと契約を更新し、来シーズンも現役を続けることが決まりました。 横浜FCは、三浦選手との来シーズンの契約を更新したと11日発表しました。
カズの愛称で親しまれている三浦選手は1993年のJリーグ開幕から 現役を続けている48歳で、長く日本代表でも活躍しました。横浜FCには2005年から所属していて、今シーズンは4月から右太もも裏のけがの影響でおよ そ2か月試合から離れましたが、その後は先発メンバーに復帰するなど合わせて16試合に出場して3得点を決め、Jリーグの最年長出場と最年長得点の記録を いずれも更新しました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。



・なんというアスリートだ。
間違いなく伝説だ。


・日本人はどうやって実年齢よりも10歳若く見える顔の作りを保っているんだ?


・コスタの方が年上だ。


・横浜FCはチェルシーの姉妹クラブ。


・それでも横浜はチェルシーより良くやっている。


・マジかよ!いまだにゴールを決めているのか?
長生きしてくれ、キングカズ!#legend


・プフフ!
日本の最初のサッカー界のスーパースターがキャプテン翼であることを誰もが知っている。


・↑彼はキャプテン翼と同じことをしたよ。
少しの間だけ、ブラジルにいた。





・ サー・スタンリー・マシューズ。
変装したあなたですか?
サー・スタンリー・マシューズ, CBE(Sir Stanley Matthews CBE, 1915年2月1日 - 2000年2月23日)はイングランド出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。イングランド・サッカー史上に残るウイングの名選手。「ドリブルの魔術師」の異名を持ち、彼が得意としたフェイントは『マシューズ』と呼ばれ、現在もドリブルの基本技の一つとして受け継がれている。 1956年には最初のバロンドール(欧州年間最優秀選手)受賞者となり、1965年にはサッカー選手としては初めてナイトの称号『サー』を授かる。現役中にこの栄誉に浴したのは2013年現在もマシューズのみである。 喫煙、飲酒を控えるのはもちろん、菜食を心がけ、毎朝6時に起床するなど徹底的な体調管理によって、17歳でのプロデビューから50歳まで一線でプレーした。(ウィキペディア)

・マジかよ!
彼は俺が生まれた年にプレーし出した!


・彼はひところ、Jリーグでリネカーと一緒にプレーしていた。
そう考えると凄いよね。


・一方の南アフリカでは、30歳になるとサッカーをするには年を取りすぎていると見なされる。


・でも彼はコスタ,ドログバ,サーニャ,ヤヤ・トゥーレ,エッシェンよりも若く見える。


・こんなのニュースじゃないだろ。
ジエゴ・コスタがいまだにプレーしているんだから。


・これぞ本物のサッカー選手だ。

http://goo.gl/V2J3tD,https://goo.gl/fXVdyL,https://goo.gl/W2vOrm
follow us in feedly