111
13日、フランス・パリ中心部のバタクラン劇場付近などで複数の銃撃、爆発が起こる同時多発テロが発生した。これを受けて、来年に行われる予定のユーロ2016をフランスで開催できるかどうか懸念が広がっている。15日、イギリスメディア『BBC』が伝えた。中略
 フランスラジオ『RTL』でのインタビューに応じた、ユーロ2016の組織委員長であるジャック・ランベール氏は、「ユーロ2016を中止すべきかどうか議論するのは、テロリストたちを利することになる」と話し、同大会を開催する意思を強調した。
 しかしながら、同氏は「1月に高まったリスクレベルがより一層高まった。ユーロ2016が最も安全な場所で行われる必要がある」とも話し、同大会が安全に行われることが第一だとした。以下略(ワールドサッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・もちろん中止にするべきではない。
テロリストたちに大きな勝利を与えることになる。


・↑でも、大きな標的になるかもしれない。


・↑今までにないくらいセキュリティを強化する必要がある。


・↑スタジアムに近づく前に検問所を無数に設置しないと、試合前の攻撃を止めることは出来ないだろう。


・サッカーの試合で空港並みのセキュリティが必要になるね。


・どんな大きなイベントだって標的になりえる。
テロの恐れがあるからといって、すべての公共の活動を止めることは出来ない。


・行くな。そうすれば、私がチケットを買える。


・フランスに力を。
すべての文明国が君たちについている。





・フランスで開催しろよな。
彼らが開催権を勝ち取ったんだから。


・今回は、フランスも準備ができるだろう。


・選手たちの安全のために、変更するべきだ。


・フランスはセキュリティを強化しないといけないな。


・国境を閉鎖する必要がある。
人々を安心させるためにね。


・どうしてこんなことが疑問になるんだ?


・何も買えるな。
彼らに勝たせるな。


・もしユーロが中止になったら、テロリストたちの勝利だ。

https://goo.gl/bP5Tt7,https://goo.gl/fDIQdh,https://goo.gl/DXd9JY,https://goo.gl/XcGHpI,https://goo.gl/Pq6xiS,https://goo.gl/UuX882
follow us in feedly