ye
マンチェスター・ユナイテッド、レアル・ソシエダと、指揮した2チームで連続して1年未満で解任され、現在フリーの身となっているデイビッド・モイーズ氏 は、今後のキャリアについてまったく不安を抱いていないようだ。52歳のスコットランド人指揮官は、英地元紙「サン」のインタビューで、現在の胸中を明か しており、「ピークはこれから来る」と自信をのぞかせた。以下略(サッカーマガジンゾーンウェブ編集部)
海外の反応をまとめました。



・事実だ。
モイーズ卿はどんどん良くなっている。


・コメディーの世界で明るい未来が待っている。


・↑長期契約?それとも?


・あのインタビューはかなり馬鹿馬鹿しかった。
ほとんど偽のような印象を受けた。


・だから彼にはイングランドに戻って来てほしくないんだ。
ファンハールも失敗しているかもしれないが、クラブをトップレベルに戻すための術をずっと良く知っている。
モイーズは何も分かっていない。


・ソシエダのチーム構造に対する彼のコメントは、侮辱的で恥ずかしい。


・モイーズ「私の評判は地に落ちたか? ノーだ。
私を向上させてくれたよ。なぜならスペイン人選手やスペインリーグの知識、そしてたくさんの異なるアイデアを得ることができたからね

↑彼のことが本当に心配になってきた。


・彼に良い評判なんてあったのか?ワオ!





・この男は我々を七位にしておいて、デタラメなことばかり言う。
12月に彼をクビにするべきだったよ。


・モイーズはいまだにバルサ相手の1-0の勝利の栄光に浸っている。
インタビューで彼がCLで準々決勝に進んだ偉業について言及しなかったことに驚いたよ。
もしくはホームでバイエルンと1-1に引き分けたことについてね。


・18年も監督を務めて、彼について書くことは何もない。
何一つタイトルを獲得していない。
それなのに経験を自慢しているのか...?


・モイーズは17年監督を務めて、タイトルは1つしか獲得していない。(2003年のコミュニティシールド)


・ファンハールから監督の座をとり返せよ!
オールドトラフォードで、あいつはお前ほど人気はないぞ!


・あんたはストークを率いるべきだよ。
明らかにヨーロッパ中で最もタフな実験の場だからな。(笑)


・まぁ、モイーズは明らかに一流の監督ではない。
でもイギリス国外で監督をする勇気を称えたい。

http://goo.gl/Yxc3Oc,http://goo.gl/sqSz5U
ソシエダがモイーズを解任(海外の反応)
follow us in feedly