31
マンチェスター・シティMFケヴィン・デ・ブルイネは、2013年にチェルシーからボルシア・ドルトムントへの移籍に近づき、ユルゲン・クロップ監督と合意に達していたとも明かしている。2012-13シーズンにはチェルシーからブレーメンにレンタルされて活躍を見せたデ・ブルイネ。一旦チェルシーに戻った同選手の獲得を、当時ドルトムント指揮官だったクロップ監督が熱望していたようだ。シティは21日にプレミアリーグ第13節の試合でリヴァプールと対戦。現在はリヴァプールを率いるクロップ監督との激突を前に、デ・ブルイネはイギリス『テレグラフ』に次のように語った。「(クロップと)個人的に合意していたんだ。クラブ(チェルシー)に、行きたいと頼んだよ。当時ドルトムントに良い印象を持っていたからね。僕はド イツで良いプレーができていたし、(マリオ・)ゲッツェがバイエルン・ミュンヘンに行ったから、本当に欲しいと思われていたんだ」「クロップから電話があって、『君がナンバーワンになる』と言われたよ。ブンデスリーガで2位にいて、チャンピオンズリーグ決勝にも進んだチームでね」ジョゼ・モウリーニョ監督の説得を受けたデ・ブルイネは、結局チェルシーに残留することを選んだ。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。




・彼はチェルシーで無駄にされたタレントだ。
守れないから、モウリーニョには彼の使い道がなかった。


・モウリーニョは本当に意地悪な監督だな。
早くチームから取り除いた方が良い。


・ デ・ブルイネがいたら、ドルトムントは輝かしかったろうね。


・若い才能を育てるのではなく、モウリーニョは若い才能のキャリアを台無しにしたいのさ。
サッカー界の恥だ。


・結局はチェルシーの損失だ。
見る目のない人でも、最初から彼が輝くことは分かっていた。
彼は偉大なサッカー選手というだけでなく、地に足のついた素晴らしい男だ。


・彼はおしゃべりすぎる。


・「残るように説得された」と「移籍を邪魔された」では描写に違いがあるぞ。


・クロップは移籍市場で素晴らしい目をしているようだね。
質の高い監督だ。





・モウリーニョはうぬぼれている。
ファンハールが失敗したのに、ファルカオで魔法を起こせると思った。


・ デ・ブルイネには素晴らしいポテンシャルがあるのに。
モウリーニョが彼を手放したことが理解出来ない。


・スカイスポーツはモウリーニョをクビにしようと必死だね。


・マタ、デ・ブルイネ、ルカク...今のモウリーニョはこの選手たちを是が非でも欲しいだろうな。


・↑そうかもね。
でも彼ら抜きで俺たちは優勝した。


・今は?今はリーグで首位じゃないだろ?


・シティファンとしては、モウに感謝だ。


http://goo.gl/l2HQP0,http://goo.gl/1b6Zok,https://goo.gl/1VsCCX,https://goo.gl/O4DMiR
follow us in feedly