131
ドルトムント所属の香川真司がインタビューで古巣マンチェスターユナイテッドについて語りました。
マンUでの経験は特別だったと語る一方で、現在のドルトムントのサッカーは世界でもベストの一つで、誇りに思っていると語りました。


海外の反応をまとめました。


動画


・なんという男だ。
我々が手放してしまったことに私が腹を立てている選手の1人だ。


・愛しているぜ、シンジ。


・誰も否定しないよ。
シンジは自由の身になった。


・↑ハッシュタグが上手くいった。


・彼に同意する。
今季、トゥヘルはクロップのチームを作りなおして、クラブの哲学に自分の足跡を残した。


・2-5-3もしくは2-3-5で組み立てを行っているから、点をたくさん取る。
カウンターにやられてしまうことに、私はフラストレーションを感じている。
とはいえ、トゥヘルのことが好きだよ。
昨年はとても苛立たしかった。
クロップはボールを持っている時に、相手チームをどうやって崩したら良いのか分かっていなかったからね。


・↑トゥへルは休暇中にグアルディオアラにたくさん会っていた。
彼の戦術的な組み立てに、それが良く表れているよ。


・↑どうかな。
彼らが一度会ったことは知っている。
これはトゥヘルと彼のチームが成し遂げたことだから、グアルディオアラが褒められるべきではない。





・ドルトムントのプレーが大好きだ。
2月に我々は彼らに粉砕されてしまうことが悲しいよ。(ポルトファン)


・↑それはどうかな。
対戦カードを引きたくないチームの一つがポルトだった。
マンU,トッテナム,ラツィオを含めた他チームの方が自信を持って臨めた。
現在の調子を考えると、ナポリも心配になるチームだ。


・今季のCLで彼らのことが本当に恋しい。


・今季、彼らは多くの試合でバイエルンよりも良いプレーをしている。
トゥヘルはマインツ時代の彼の熱狂に恥じない仕事をしている。
もし選手層を厚くするための適切な選手たちを獲得し、この調子を維持できれば、来季のCLで彼らは勝ち進むだろう。


・↑ああ、バイエルンが試合に勝っている大きな要因は、チームとしてよりも、個々の選手の質だと思う。
ダルムシュタット戦がその良い例だ。


・今シーズンのドルトムントのプレーが大好きだ。
香川はその中で大きな手助けをしている偉大な選手だ。


https://goo.gl/6fljWB,https://goo.gl/0LdJgt
follow us in feedly