141
2015年12月10日から20日にかけ、3年ぶりに日本で行われたクラブW杯。結果はご存知の通り、欧州王者のFCバルセロナが南米王者のリーベル・プレートを圧倒的な攻撃力で3-0と粉砕し、クラブ世界一を勝ち取った。
日本でも人気の高いFCバルセロナが来日したことで大歓迎ムードの数日だったが、サッカー界の大御所……『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が一肌脱いでいたのでご報告だ。なんとFCバルセロナの選手たちを『キャプ翼』風に描き下ろしていたぞ!以下略(ロケットニュース)
スペイン語の誤訳はご容赦ください。
海外の反応をまとめました。



・左から、ネイマール・イニエスタ・メッシ・スアレス・ピケ。


・これは素晴らしい。
誰かにバルサのアニメシリーズを制作して欲しい。


・バルサに関するアニメは見てもかまわないかな。


・↑じゃあ、キャプテン翼を見ろよ。


・彼らは巨人みたいだな。(笑)


・いつも通りの高橋が描く選手たちだ。
メッシが巨人だ。


・意図は良いよ。
でもメッシのプロポーションが間違っている。
イニエスタよりも背が高いはずがない。
彼やネイマールとほぼ同じくらいの身長だ。


・次はセルタとデポルティーボ・ラ・コルーニャの選手たちを描いてくれ。





・メッシがいてもいなくても、バルサは世界最高のクラブだ。
メッシがいた方が良いけども。


・ピケが描かれているな。
どうしてピケが描かれているのか理解出来ないけど。


・クラッキ(名手)でないのはピケだけだ。
ピケ以外はクラッキだ。


・高橋は翼の行き先にバルサを選んだ。


・日本人は少し遅れていると思う。
もうあのユニフォームは使われていない。


・最高のイラストだ。
良いアニメだよ。


・高橋!
幼少期に楽しませてもらったよ。(笑)
ありがとう。

https://goo.gl/dsdpTp,https://goo.gl/Ocl36e,https://goo.gl/2tywRR
follow us in feedly