5
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)は29日、ボルシア・ドルトムントからMFヨナス・ホフマン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブはホフマンと2020年までの契約を交わしたと伝えている。 主にホッフェンハイムの下部組織で育ったホフマンは、2011年にドルトムントに加入。ドルトムントでリーグ戦48試合に出場した元U-21ドイツ代表MFは、出場機会を求めて移籍先を探していたところだ。(goal.com)
海外の反応をまとめました。



・負傷中のウイングたちがチームに戻ってきた時のボルシアMGのウイングの数...。


・↑ウイングが多すぎることなんてありえない。


・我々が彼に興味を持っていると耳にした。
非現実的だったようだね。
我々には、こんな金を払う余裕はない。(ブレーメンファン)


・ホフマンは負傷以前のタレントではなくなってしまった。
彼の移籍金をこんなに手に出来たことに驚いている。


・↑彼はまだ23歳だ。
ああいう負傷の後、適応する時間が必要なのは珍しいことではない。


・必要のない選手に払いすぎだよ。
エベールは一体何を考えているんだ?


・この子のことを恋しく思うだろうね。
本当にドルトムントで輝いて欲しかった。
彼の未来が成功で溢れますように。


・彼はドルトムントの期待の若手だと思っていたぞ?
私の思い違いか?


・↑もはや期待の若手ではない。
23歳だし、マインツで怪我をしてから同じ選手ではなくなった。


・これでシンジはまた7番をつけることになるのか?


・↑シンジは23番の方が好きだと思う。





・彼にとってもボルシアMGにとっても良い決定だったと思う。


・この2クラブはライバル関係じゃないのか?


・↑そんなことはない。
特別彼らのことを好きではないが、シャルケとの間にあるようなライバル関係はない。(ドルトムントファン)


・ホフマンはスターでも点取り屋でもなかったが、継続性のある選手だった。


・↑13-14シーズンはね。


・とても奇妙だ。
みんなの状態がよければ、ボルシアMGはウイング不足にはならない。
それに、ホフマンがチームに合うとは思えない。
それにサイドの選手に関しては、ドルトムントの層が薄くなってしまう。
もしかしたら、1月に誰か獲得するのか?


・↑今のところ、ジンチェンコという若いウクライナ人が噂されている。



・カストロとバックアッパーのヤヌザイしかいなくなるな。


・良い方向に向かった。
これで新しい契約に期待が持てる。

https://goo.gl/XjUide,https://goo.gl/mv1gpg,https://goo.gl/iWAk95
follow us in feedly