1a
シュトゥットガルトは6日、元ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツの加入をクラブ公式HPを通じて発表した。
 発表によると、グロスクロイツの背番号は「15」に決定。契約期間は明かされていないものの、ドイツ紙『ビルト』は2018年までの契約と報じている。
 同選手は、昨夏の移籍市場でトルコのガラタサライと合意に達したものの、書類の提出が間に合わなかったことでFIFA(国際サッカー連盟)に移籍不成立 と判断された。そのため今冬の正式加入で契約を結び、練習やテストマッチに参加していた。しかし、トルコでホームシックになったために帰国を決意。ガラタ サライとの契約を解消し、新天地を探していた。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



・ブンデスリーガへの復帰おめでとう、ケヴィン。
シュツットガルトの一員になることは残念だ。


・彼が戻ってきた。
赤に身を包む彼は奇妙だけど。


・でも、今回は彼の移籍に関する書類はきちんと提出されるのか?


・これでシュツットガルトには、元ドルトムントの選手が2人いることになるのか。
どうやら我々は彼らに選手を供給するクラブになったようだ。


・↑待てよ。もう1人は誰だ?


・↑ランゲラクだよ。


・↑彼はずっと怪我をしているから、忘れていたよ。


・お勤めご苦労様。タメ息(ガラタサライファン)





・ピッチ上での彼の存在感は酷かった。(ガラタサライファン)


・シュツットガルトが降格圏から抜け出せると私は知っていた。


・あ~あ、俺たちが彼を獲得できればなぁ。(フランクフルトファン)


・彼がブンデスリーガに復帰する様子を見られて嬉しい。


・彼にとっては最悪だな。
シュツットガルトは2部に落ちるだろう。


・写真を見る限り、彼はシュツットガルトにいることを喜んでいないように見える。


・グロスクロイツが初めてドルトムントに戻ってきたら、奇妙な瞬間になりそうだね。

https://goo.gl/Bp7cCb,https://goo.gl/mCMRvT
follow us in feedly