1e
ワールドカップ招致をめぐる汚職問題で高官が次々に逮捕されるなど激震の続くFIFA(国際サッカー連盟)が、世紀の凡ミスを犯してしまった。 2015年度のFIFA年間最優秀選手“バロンドール”の発表は11日、スイス・チューリッヒのFIFA本部で行われるが、6日にFIFA公式サイト上で 受賞者を発表してしまうというとんでもないアクシデントが起きた。 すでにサイトからは慌てて削除されているが、男子はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、女子は7月の女子ワールドカップ終了後に引退を発表した元ドイツ代表FWセリア・シャシッチの受賞をそれぞれフライングで公表してしまった。以下略(サッカーマガジンゾーンウェブ編集部)
海外の反応をまとめました。




・彼はバロンドールにふさわしい。
でも、これは間違っている。
またFIFAに関する議論が沸き起こるね。


・FIFAはただ酷くなる一方だ。


・ブラッターの下なら、こんなことは決して起きなかった。


・↑#BlatterIn(#ブラッターイン)


・ブラッターとプラティニのせいだろ。(笑)


・問題ない。メッシが受賞者だ。


・アクシデント?いずれにせよ、我々は彼が受賞することを知っている。


・サッカーファンは、ずっと前から知っているよ。


・ネタバレするようなことではない。
メッシが受賞することをみんなが知っている。





・ロナウドが受賞式への出席を欠席することに賭けたい人はいるか?


・ミスであろうと、そうでなかろうと、メッシは受賞にふさわしい。


・誰にとっても驚きではない。
ノミネートされた選手たちにとってもね。


・CR7でさえ知っているよ。


・女子のバロンドール受賞者は驚きかもしれないが、メッシのバロンドールは6月に決まっていた。


・メッシの5度目の受賞は間違いない。


・いいや、彼は受賞しない。
ロナウドが受賞する。


・メッシは既に6度目の受賞の準備をしている。


・サプライズではないことが残念だよ。
もしサプライズだったら、素晴らしい話になったのに。

https://goo.gl/1Qfh9K,http://goo.gl/MnGVri,https://goo.gl/aPaeXK,https://goo.gl/g5VVQv
follow us in feedly