9
ジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグに連れて行きたいブンデスリーガの選手は、ボルシア・ドルトムントMFユリアン・ヴァイグルなのだろう か。ドイツメディアによると、同監督の就任先として有力視されるマンチェスター・シティが、ヴァイグルの獲得に乗り出すという。中略
グアルディオラ監督は新天地にプレミアリーグを選んでいることを明かしたが、どのクラブを率いるかは「まだ決まっていない」と強調している。だが、イギリスでは、すでに新クラブでのチームづくりにも関わっているとの報道もある。そして今回、『スカイ』『シュポルトビルト』などドイツメディアは、シティがヴァイグル獲得に向けて2500万ユーロ(約32億円)のオファーを準備していると報じた。ドルトムントに加わってからの半年で、市場価値が10倍に跳ね上がった形だ。グアルディオラ監督の意向を受けて、シティがヴァイグルの獲得に動いたということなのだろうか。カリスマ指揮官の新天地は、周囲の予想どおり、シティに決まっているのだろうか。(goal.com)
海外の反応をまとめました。




・もしドルトムントを去ったら、彼はかなり愚かだと思う。
何年もベンチに座らされることで才能を台無しにされるワンダーキッドになるだろう


・↑彼が移籍したら愚かだと思う。
でもトゥーレは今季で契約が切れるから、彼は出場機会を得るかもしれない。
でも、彼には移籍して欲しくないな。


・ドルトムントがヴァイグルをたったの2500万ユーロで売るわけがない。


・↑特にシティにはね。
明らかにもっと払えるだけの余裕がある。


・↑もっと多くてもヴァイグルを売るとは思えない。
彼は特別なタレントだ。


・彼は半年前にその額の10分の1で移籍してきたのに。(笑)
彼は去らないよ。
移籍市場の際に人々がドルトムントのことをお菓子屋さんのように考えるのが嫌いだ。


・↑すべてのイギリスメディアがそうする。
ドルトムントは比較的スター選手をあまり手放していないのが奇妙だ。
香川とゲッツェくらいしか思い浮かばない。


・↑シャヒンは?
イギリスだけでなく、ドイツ国内からも噂はあるが。





・素晴らしいタレントだ。
良いパッサーだよ。
グアルディオラが好きそうな選手だ。


・俺は心配していない。
彼が加入したのって8ヶ月くらい前だっけ?


・心配する必要は全くない。
実現する可能性は0%だ。


・我々の投資に対する素晴らしいリターンだ。
でもダメだ。
彼は渡さないぞ、ペップ。


・この調子で彼が成長すれば、我々には彼を売却する理由は無くなる。


・シティにとっては完璧なボランチだよ。
もし噂が事実なら、間違いなく次の監督はグアルディオラだな。


・シティはすべての選手を買いたがる。


・ドルトムントが彼を手放したら、本当に驚くよ。

https://goo.gl/9zqSrH,https://goo.gl/IoBHfZ,https://goo.gl/RPxSLI
follow us in feedly