0f
ドルトムント(ドイツ)のトーマス・トゥヘル監督は、FWアドナン・ヤヌザイ(20)が同チームで成功できなかったのは、心の一部がつねにマンチェスターU(イングランド)にあったからと考えているようだ。英『デイリー・メール』紙(電子版)が現地時間3日に伝えている。以下略(ISM)
海外の反応をまとめました。



・5年以内に、彼の態度次第で、偉大な選手か忘れ去られた選手になるだろう。
前者であることを望む。
何故なら現在一緒にプレーしている選手たちから学んだはずだから。


・心配になる。
ヤヌザイは試合に出るためにレンタル移籍したのに、試合に出られなかった。
彼の心は明らかにドルトムントになかった。
彼はこの問題をなんとかしないといけない。


・かなり過大評価されている選手だ。
しかも恥ずべきダイバー。


・彼のダイブはドイツでは通用しなかったのかな?


・彼のことを新しいロナウドと人々は呼ぶ。(笑)


・マンUからこの少年追い出すことは出来るが、この少年の心からマンUを追い出すことは出来なかったということだね。


・少なくとも彼はマンUのことを愛している。


・↑たぶんマンチェスターの方が良いナンドス(ファミレス)があったのだろう。
ヤヌザイは、ピッチの中でも外でもウイングが好き(海外の反応)


・別に新しい話ではないな。


・↑トゥヘルはレンタルが解除された時にも同じことを言わなかったか?





・プロらしくないけど、ちょっと可愛らしいと思わざるを得ない。
これはつまり、今でもヨーロッパの多くのクラブより我々の方が上だということだ。
最近、我々はピッチ上での成功を欠いているというのに。


・↑たしかにプロらしくない。
でもみんな彼が20歳であることを忘れている。
20歳の若者がプロがどういうものなのか理解できるほど成熟していなくても無理はない。


・彼はホームシックにかかっただけだろ。
我々が信じるポテンシャルにまで彼が到達すると私は信じている。


・ドイツ語を学ぼうとも思わなかったしね。


・「お前らは点を取り過ぎなんだよ。ユナイテッドでは罪だぞ。」


・ファンハールと喧嘩しておいて、自分にはもっと出場機会が与えられるべきだと思っている。


・彼は十分に上手くなかった。
ただそれだけの話だ。

https://goo.gl/GQTtnk,http://goo.gl/79xSsR
follow us in feedly