oo
デイビッド・モイーズ氏は、プレミアリーグでの監督業に復帰することに意欲を見せながらも、中国からもオファーを受けたと明かしている。
 エバートン、マンチェスター・ユナイテッドで監督を務めたモイーズ氏は、昨年11月にソシエダ監督を解任されて以来フリーとなっている。有名選手や監督らを集める中国スーパーリーグからの誘いは、同氏のもとにも届いていたようだ。
 モイーズ氏は今後の去就の見通しについて、イギリス『BBC』に次のように語った。
「私の心はずっとプレミアリーグにあった。中国からのオファーもあったよ。特にイングランドに戻ってきてからは、私には数多くのチャンスがあった」
「適切な仕事を選びたいと思っている。本当に興奮できる仕事、本気で取り組むことのできる仕事だ。自分のやりたいと思うやり方でチームの指揮を執りたいと感じているんだ」以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。



・どのチームが劇的に負ける準備をしていたのだろうか?


・金を受け取れ、デビッド。


・ユナイテッドがモイーズを台無しにした。


・↑モイーズがユナイテッドを破壊した。


・モイーズはオファーを受けるべきだった。
経験,東洋文化とスポーツ全般を理解する上で彼の手助けになったはずだ。


・中国に行って、もっと役立たずになれ。


・俺は最近、新しい言語を学ぼうとした...上手く行かなかった。


・↑外国の地でスコットランド人が良い結果に終わることは滅多にない。


・マクラーレンをクビして、モイーズを獲得するべきだった。(ニューキャッスルファン)





・彼の心はプレミアにある一方で、どこに行くことになるのだろうか?
たぶんチャンピオンシップのチームを昇格させて、残留させ続けることが出来たら、ユナイテッドとソシエダで傷ついた評判が回復するだろう。


・スペインリーグはプレミアよりもレベルが高いと、彼が言ったのを憶えているんだが。
たぶんプレミアの激しさが好きなんだろうな。


・↑それかスペイン語を話さなくて済むからだろう。
イングランドの方が彼にとってはずっと快適な環境に思える。


・↑イギリスの監督は海外で上手くいかないようだ。
最後に成功したのは、ボビー・ロブソンだ。


・モイーズのチェルシー行きが決定した。


・彼はチェルシーにピッタリだ。


・チェルシーへようこそ。

https://goo.gl/kkHxca,https://goo.gl/RRW2Yo
follow us in feedly