no title
インテルミラノに所属する日本代表FW長友佑都が、今冬の移籍市場でマンチェスターUからオファーが届いていたことを認めた。11日付のインテル・ニュースのインタビューで明かした。  同選手は「インテルのすべてを愛しているし、ここに残りたい。マンチェスターUからのオファーも断った。僕の願いはここに残ること」とインテル愛を強調した。以下略(日刊スポーツ)
海外の反応をまとめました。



・マーケティングだよ。


・冷たく扱われた!!


・マンUが長友を買おうとしたことと、俺たちが丁重に断ったことのどちらが面白いと思う?


・↑いやいや、長友がオファーを拒否したんだよ。
彼はインテルに残って、契約を更新したかったんだ。
彼はマンチーニと仲良くやっているからね。
今日、インテルチャンネルでそれを明らかにしたよ。


・誰だよこいつ?(大爆笑)


・彼は40歳になったら、全盛期のロベルト・カルロスのように攻撃し、マルディーニのように守備をするだろう。


・別に面白いことを言うつもりはない。
でも10位以上を狙うチームが、彼を見るなんてかなり疑わしい。
彼は完全に廃棄物だ。
彼はイタリアリーグ版のコンチェスキーにすぎない。
彼が唯一まともなのは、スピードだけだ。
あとは全部駄目だぞ。
本当にユナイテッドが彼を狙っていたのなら、ワオとしか言いようがない。


・↑彼はブリントやAヤングよりずっとマシな左のウイングバックだ。
でも、ユナイテッドは常に冷たくあしらわれる。
ミュラー、ベイル、ネイマール...長友にさえ冷たくあしらわれた。


・セリエAの専門家たちに聞いてみたが、ほとんどの人たちが彼はセリエ史上最悪の選手の1人だと言っていた。





・彼のことなんて知らない。
マンチーニと一緒にいろよ。


・事実ではないことを望む。
ユナイテッドのレベルには程遠い。


・ユナイテッドが無名の選手にすら冷たくあしらわれ始めた。(笑)


・冷たく扱われ続ける!
ユナイテッドはコメディークラブだよ。


・正直、誰がコメディークラブのためにプレーしたがる?
一生の恥だろ...。


・ファンハールのためにプレーしたくなかったんだろ...。


・ファンハールの下でプレーしたくなかったというのが本当のところだ。
マンチーニの方が良いと思ったのだろう。
良い決定だ!


・誰が何と言おうとかまわないが、ファンハールの下でプレーしたい選手なんていない。
これ以上単純なことはない。

http://goo.gl/Bmkb4G,http://goo.gl/sp23OZ
follow us in feedly