0000000
クライフターン(Cruijff Turn、オランダの外ではしばしばCruyff Turnというつづりが使われる。IJを参照)は、オランダのサッカー選手ヨハン・クライフが完成させたドリブル技術であり、彼の名を冠している。クライフターンを行うには、パスあるいはクロスを上げると見せかけて、ボールを蹴る代わりに足のインサイドでボールを軸足の後ろを通して、体を90度回転させ、戸惑った守備の選手を置き去りにして加速する。1974 FIFAワールドカップでクライフが見せたこのフェイントは有名であり、オランダとスウェーデンとの試合において初めて披露された後、すぐに世界中のサッカー選手によって模倣された。クライフターンは現代の試合でもかなり一般的に用いられるドリブルフェイントである。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。


動画


・またの名を「足首を破壊するターン」。


・面白い事実:あのスウェーデン人はこのシーンを自身のキャリアのハイライトだと考えている。
一番最初にクライフターンを受けたのは自分だから。


・あの選手の名前を知っている人はいるか?


・↑ヨハン・クライフだ。


・↑大真面目に答えると、ジャン・オルセンだ。


・あのディフェンダーの表情はプライスレスだ。


・あのディフェンダーは完全に抜かれた。


・↑彼が何が起きたか理解するのに、0.5秒かかったことを気に入った。


・↑不幸なことに、昨年メッシに対峙したボアテングを思いだした。(バイエルンファン)





・クライフターンの最初の犠牲者になることを想像してみてくれ。
俺だったら、本当に面食らうだろうな。


・この男は本物の伝説だ。


・メモを取れ、ララーナ。
ディフェンダーをかわすために、一度だけやるんだ。
ハーフウェイラインで4回続けてやるな。


・↑ララーナがこのスレのどこかに出て来ることを俺は知っていた。


・↑アダム・「あともう1タッチだけ」・ララーナ。


・2カ月以内にクライフターンをやってみようと思う。
そうしたら、アップするから。


・サッカーを始めたやった時に、監督がこれを教えてくれた。
まるで魔法のようだった。

https://goo.gl/X8SUh5,https://goo.gl/hW2nQ6,https://goo.gl/Qc83Wt
follow us in feedly