ee

彼らは奪われるだけのクラブではない。来季に向けて然るべき戦力の拡充に動いている。

仏『RMC』によるとドイツのドルトムントが、フランスのロリアンからポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロを獲得することで合意に達したとい う。この22歳の将来有望な左SB獲得に向け、ドルトムントは1200万ユーロ(約14億4000万円に相当)をロリアンに支払うことになると同メディア は報じた。以下略(the WORLD)
海外の反応をまとめました。



・バイエルンへようこそ。


・1200万ユーロで契約は、ほぼ完了したらしい。


・火曜までに契約を済ますことが出来たら素晴らしい。
もしそれまでに完了出来なければ、ポルトガル代表のEUROが終わるまで待たないといけないだろう。


・↑現実的には、今日済まさないといけないだろ。
だって、ポルトガル代表は今日フランスに飛ぶんだから。


・彼のことは何も知らない。
彼は一体誰の代わりなの?


・↑代わりではない。ただ選手層を厚くするためだ。


・彼は左サイドバックでもMFでもプレーできる。


・左ウイング,左MF,左サイドバックでプレーできる。
あまり重要ではない試合で、シュメルツァーの代わりにプレーできる。
おそらく彼とローテーションで起用される。


・誰か彼のプレースタイルを教えてくれないか?


・↑コエントランをかなり彷彿させる。
まだ若いから、かなり成長するはずだ。





・我々が今までに結んだ素晴らしい契約の数々に満足している。
もう既に若くて才能の選手たちがチームにはいる。
新しく加入する選手たちも期待・興奮に応えてほしい。


・リバプールの左サイドバックは誰になるんだ?


・またか?リバプールは気の毒だな。
クロップがすべてのターゲットをリークしたに違いない。


・ツォルク(ドルトムントのGM)が、今回の移籍市場で成し遂げたことを整理しよう。
ローデ、デンベレ、モー、メリーノ、バルトラ、そして今度はゲレーロだ。


・↑ローデは素晴らしい選手だ!


・バルトラは良い選手だ。
彼に必要なのは、彼を信用してくれる監督だけだ。


・ドルトムントは2023年に三冠を達成するだろう。

https://goo.gl/vclq9k,https://goo.gl/5IVVjC,https://goo.gl/1FxRbY
follow us in feedly