123
ドイツサッカー連盟(DFB)は10日、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに観客席の一部閉鎖と罰金10万ユーロ(約1206万円)の処分を言い渡した。連盟公式サイトが伝えた。

 ドルトムントの名物“黄色い壁”を作る、2万5000人収容可能な南スタンドが、次のリーグ戦で閉鎖されることが決定的となった。DFBの監督委員会は同日、サポーターが計4件の問題行動を起こしたことで、クラブに対してリーグ戦1試合での南スタンド封鎖と罰金を科すことを通達した。

 ドルトムントは、4日にホームで行われたブンデスリーガ第19節のライプツィヒ戦で、サポーターの一部が暴徒化。スラングや差別用語が書かれた横断幕が掲げられ、ライプツィヒのファンにケガを負わせるなどの事件を起こしていた。以下略(サッカーキング)

海外の反応をまとめました。



・これが不公平な罰だと本気で言う連中はいるのだろうか?


・ドルトムントは、黄色い壁無しで一試合行うだけでいいだろ。
ほとんどのファンに、起きたことの責任はないけれど、彼らは介入しなかった。


・↑介入だと?
君はこういうことをする連中に対処したことがあるのか?


・とても厳しい処罰だと思う。


・彼らはアイントホーフェンでも同じことをしたぞ。(笑)
今回の処分は大げさだけどね。


・横断幕やチャントは気にしない。
知能の低い連中に侮辱されても気にしない。
でもレーザーポインターは、危険だから、厳しく処罰するべきだ。


・悲しいことに、我々はこの処分に値する。





・シャルケファンだけど、この処罰は不公平だ。
ドイツサッカー連盟は、スタジアムの外で起きたことを処分する立場にない。
これは警察と裁判所の管轄だ。


・↑スタジアム外で起きたことで、ドルトムントに処罰を与えたわけではない。
ドルトムントは既に多くのことで執行猶予を与えられていたのに、手に負えなくなったからだよ。


・この決定には反対だが、これでようやくクラブの上層部がフーリガンや暴力沙汰に対して厳しい対応をすると思う。


・↑それで、彼らにどうして欲しいと?


・↑0231(ドルトムントの暴力的なサポーター集団)を入場禁止にしろ。
彼らについて遠慮なく発言しろ。


・普通のファンとウルトラスとの関係が、さらに壊れることになるね。

https://goo.gl/WqCbUw,https://goo.gl/2dr8v7
ドルトムントのファンたちが相手チームのファンに投石(海外の反応)
follow us in feedly