1234
Shanghaidailyによると、中国スーパーリーグを6連覇中の広州恒大が、外国人選手を減らして、2020年までに中国人選手だけのチームを目指すそうです。
海外の反応をまとめました。




・そうか。私の目標は、2020年までに大金持ちになることだ。



・まるですぐにでもリカルド・グラールを手放すかのような言い草だな。


・これの一番面白いのは、中国のベストプレーヤーたちの価値が、どこまで膨らむかということだ。


・↑これはトルコリーグでまさに起きたことだ。


・国内選手が一番少ないチームは酷いという例だよ。


・市場を歪めるかもしれないが、代表チームを急速に強化するための方法だよ。


・↑いいや、選手たちの育成に良いことだとは思わない。


・イングランド人選手と同じだな。
役立たずのイングランド選手たちの価値が上がった。
プレミアリーグでは2010-11シーズンより「ホーム・グロウン・ルール」が導入された。これは、トップチームの登録人数を25人以内とし、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに、3シーズンもしくは36か月以上イングランドおよびウェールズのチームでプレーした選手(選手の国籍は問わない)を8人以上登録しなければならないというルールである。ウィキペディア




・セルティックが、スコットランド人だけのチームになる様子が見たい。
代表チームにとって良いことだと思う。


・↑代表チームにとっては良いことかもしれないが、セルティックにとってはかなり悪いことだ。


・中国かアメリカが、サッカー界で強国になることを祈る。


・もちろん可能さ。
3年以内にアランとグラールは、中国国籍の取得を申請できるからね。


・↑申請は出来るけど、国籍を獲得できるとは思えない。
中国人に帰化することは、かなり珍しい。
統計的には、ほぼ不可能だよ。


・↑昨年の彼らは狂ってしまったようだ。
120人が中国人に帰化した。


・↑中国代表を目指して帰化をするなら、間違いなく帰化を許すだろう。


https://goo.gl/O34CDN
ベルルスコーニ「私の夢はイタリア人選手だけのミラン」(海外の反応)
follow us in feedly