1234
オーストラリアのヴィクトリア州プレミアリーグ(2部)で耳を疑うような出来事が起きた。
 問題となったのは、3月12日のサウス・メルボルン対セント・アルバン・セインツの試合中に撮影された一枚の写真だ。そこには、ホームチームのDFクリスティアン・コンスタンティニディスが、相手MFジョセフ・モネクの尻に右手の中指を突っ込んでいる場面が収められていたのだ。
 この写真がネット上に出回り、コンスタンティニディスは3月22日にヴィクトリア州サッカー協会の審問を受けた。結果は6か月の出場停止という厳罰で、モネクに対して謝罪の手紙を書くことも命じられている。以下略(サッカーダイジェストweb)
海外の反応をまとめました。



・6カ月の出場停止。(笑)


・6カ月は厳しすぎるだろ。


・6カ月でも十分ではない。


・こんなことで半年の出場停止?
相手を骨折させても、2試合の出場停止だろ。
馬鹿げているな。


・彼は一体何なんだ?6歳児か?


・私が9歳の時、実際にこういうことが起きた。


・真面目な話、一体どうなっているんだ?


・体温を計ろうとしていたんだよ。


・39度だ!君は医者に行った方がいい!





・彼は気にしていないように見えるが。


・サッカーは少し遅れているな。
アメフトでは、20年前からこれが行われているぞ。


・なんだって?
サッカーのピッチ上で、どうしてこんなことをする必要があるんだ?


・バスケコートで1,2回見たことがあるよ。


・彼らは友人どうして、ふざけていただけでは?


・こんなの日常茶飯事だろ。何が問題なんだ?


・↑いいや、日常茶飯事ではない。


・オーストラリアだからな。驚きはないよ。

https://goo.gl/aCDeeC,https://goo.gl/5VklEC