gg
バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキは8日に行われたボルシア・ドルトムント戦で負傷交代を余儀なくされた。同選手の代理人はドイツ紙『ビルト』で古巣ドルトムントに対して激しい批判の言葉を口にしている。 ドルトムント戦で4-1と大勝を収めたバイエルンだが、レヴァンドフスキは前半にドルトムントのDFマルク・バルトラに顔面を打たれ、後半にはGKロマン・ビュルキにペナルティーエリア内で倒されるなど終始徹底マークにあった。レヴァンドフスキはそのファールで獲得したPKを自ら決め、チーム4点目(自身この試合2点目)をマークするも、肩を痛めた様子で72分にピッチを退いている。 バイエルンは12日にチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのレアル・マドリー戦を控える。しかしポーランド代表FWは10日のチームトレーニングを欠席。同選手の大一番への出場に暗雲が立ち込めるなか、代理人のマイク・バーテル氏は「ドルトムントはまるでどんな手段を使ってでもロベルトを蹴り出そうとしていたように思えた」と古巣クラブがフェアではなかったと主張した。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。



・レヴァンドフスキの代理人が戯言を言うのは、これが初めてではないし、最後でもない。


・代理人は、おしゃべりだからね。
真に受けるべきではない。


・レヴァンドフスキは、ずっとプロフェッショナルなのに、どうして彼の代理人はこんな奴なの?


・こいつは、いつも戯言を言う。
ライオラにあこがれているんだ。


・ビュルキに怪我をさせる意図はなかっただろ。


・ドルトムントはいつも怪我をさせようとする。
疑いの余地は無い。


・馬鹿馬鹿しいな。
選手を負傷させる目的で試合にでるプロ選手なんていない。





・くだらない。ただくだらない。


・代理人がかなり馬鹿馬鹿しい発言をしている。


・↑一体何を期待しているんだ?


・どうして代理人は、余計なことを言うのだろうか?


・ドイツ人が汚い手段に訴えるわけないだろ。


・意味が分からない告発だ。
彼はぶつかった後に、肩から落ちたんだぞ。


・レヴァンドフスキは、PKを貰うためにダイブして肩から落ちた。


・まず第一にレヴァンドフスキは、ゴールを祝ったりせずに、古巣に尊敬の念を示すべきだった。

https://goo.gl/XxKpsi,https://goo.gl/7twsp1,https://goo.gl/CCZOYz
follow us in feedly