o
 15日の“ノールト・ダービー”を前に、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)のチームバスがブレーメンファンによってペイントボールで襲撃された事件が起きたが、損害は当初報じられたものよりも遥かに大きかったようだ。  18日付のドイツ紙『ビルト』によれば、ペイント弾に混じってビール瓶や石などが投げつけられ、衝撃でチームバスのガラスが損傷。3万ユーロ(約350万円)の罰金がかかる刑事事件に発展した。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



・ブレーメンのフーリガンどもめ...。


・あまりの愚かさに尊敬するよ。


・ブレーメンのファンは、どれだけ愚かなんだ?


・典型的なブレーメンのろくでなしだ。


・ドルトムントで起きた事件の後であることを考えると、本当に馬鹿馬鹿しい。


・ガッカリした。またこんな見出しを見ることになるとは。


・サッカーに対するこういった暴力行為の目的は何なのだ?


・レイシストのファンや愚かなファンは、常に存在する。
彼らは国外追放するべきだ。





・こいつらは、どれだけ病的なのだろうか?


・何かを止めないといけない。これは良くない。


・こういうことをする連中の居場所は、スタジアムにないはずだ。


・みんながドルトムントへの攻撃から、たくさん学んだようだね?


・ドルトムントであんなことがあったのに、なんて哀れな奴らだ。


・全く何も学んでいないな。
何を持って、彼らのことを「ファン」と呼ぶんだ?


・この件から我々が学べることは何だと思う?
至る所に狂気が潜んでいる。

https://goo.gl/1dAL12,https://goo.gl/ZKmcIq
follow us in feedly