o
[5.6 プレミアリーグ第36節 レスター・シティ3-0ワトフォード]  プレミアリーグは6日、第36節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでワトフォードと対戦し、3-0で勝利した。先発出場した岡崎は、後半17分にピッチを後にした。以下略(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。




・レスターはホームで5連勝だ。


・来年、レスターがリーグ制覇するとは言わないが、しないとも言わない。


・良い勝利だった。
シェークスピアが監督になった時、サンダーランドと勝ち点2差だったことを考慮すると、8位でシーズンを終えられる可能性があることを信じられない。


・9位になったぞ。
一時は18位だったことを考えると、狂っている。


・ワトフォードは退屈しているように見えた。
彼らには、何の目標もない。


・さっさとシーズンを終えてくれ。(ワトフォードファン)


・岡崎は足を滑らせないといけない。
彼の契約に入っている。


・ワトフォードは、岡崎以上に足を滑らせる。


・オルブライトンは素晴らしい。
彼のことが大好きだ。


・既に来季が楽しみだよ。





・スリマニは、怪我をしない限り、次の試合の先発の座を確保した。


・よし、これで安全だ!
素晴らしいニュースだ。(レスターファン)


・降格しないことを嬉しく思うが、ワトフォードのファンが自分たちの選手たちをブーイングして台無しになった。


・↑彼らを責められるかどうか分からない。
ほとんどの選手たちが情熱を持たずにプレーする様子を見るのは、フラストレーションがたまる。


・↑理解できるが、ブーイングしても手助けにならない。


・↑ブーイングの多くが、監督に向けられたものだった。


・ワトフォードは本当に酷いな。


・素晴らしいパフォーマンスだった。
マフレズ、ヴァーディー、オルブライトンが素晴らしかった。

https://goo.gl/GCileu,https://goo.gl/fbxgbh,https://goo.gl/wz0XFl
follow us in feedly