gg
東京外国語大学4年のシリア人留学生、カッスーマー・ムハンマド・ウバーダさんが『キャプテン翼』をアラビア語に翻訳し、シリア難民の子供たちに送っていることが明らかになった。イギリスメディア『BBC』が伝えている。  ウバーダさんは2012年にシリアの首都、ダマスカスから来日。交換留学生として日本で学ぶチャンスを得た。当時からシリア政府軍と、シリアの反体制派による武力衝突が始まっており、若い男性というだけで反体制派と思われ、警察から事情聴取されることもあったという。彼の自宅付近でも治安は日に日に悪化し、両親はヨルダンに住む叔母のところへウバーダさんを避難させ、その後ウバーダさんは来日することとなった。  交換留学生としてのプログラムは終わったものの、その後も正式に学生として日本に滞在。『キャプテン翼』の翻訳アルバイトをしながら生活している。現在26歳のウバーダさんは幼いころから同作品の大ファンだったことを明かし、与えられたチャンスに感謝しているようだ。 「小さいころからテレビで見ていたんだ。大好きだった。プロサッカー選手になるために主人公が奮闘し、努力して夢を叶えていく話さ。その姿はすごく美しいし、小さい子供たちは絶対に見るべきものだと思う」。  アラビア語版の出版について企画したのは、紀伊国屋書店。中東や北アフリカでの販売が計画されており、集英社から翻訳出版の許可を得たという。さらに同じ時期に集英社は、中東問題を専門とする同志社大学の内藤正典教授からシリア支援の要請を受けていたことで、プロジェクトが実現した。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・偶然BBCの記事に出くわした。
心温まる面白い文化交流だ。
キャプテン翼を読んだことはないけれど、読んだことのある人たちの意見を聞きたい。


・↑キャプテン翼は、何世代にも渡って、サッカー選手たちに影響を与えてきた。
素晴らしいシリーズだし、最高の漫画だと思う。


・これは素晴らしいね。
シリア難民の子どもたちが、対処しないといけない恐怖の気晴らしを見つけることが出来て嬉しく思う。


・ジハーディストたちよりも日本オタクの方が対処しやすいからな。


・あれは酷い番組だ。
私は嫌いだった。


・クウェートでも見られるよ!
Captain Majedを見て育った!


・子供たちは夢を見るのをやめるべきだ。
彼らに未来はない。
それに人々は彼らを難民として受け入れたくない。


・↑私は彼らを難民として受け入れたい。


・彼らは子供だぞ。
慈悲を与えるに値する。





・キャプテン翼は、ヨーロッパ・南米・アジアで良く知られているサッカー漫画だ。


・↑南米のサッカー選手たちが、キャプテン翼が刺激になったと語っていたのを思い出した。


・彼らの夢は粉々になった。
再び夢を見るために、こういうものは必要だ。


・シリア人は素晴らしい人たちだ。
彼らに背を向けないでくれ。
特に子供たちにはね。


・これは素晴らしい。
私が夢と希望を持てるように、母は一生懸命働いた。
この子たちがシリア人とか気にしない。
彼らも夢と希望を見るに値する。


・少なくとも、何かがシリアの子どもたちの手助けになっている。
神のご加護を。


https://goo.gl/zUI3zS,https://goo.gl/vOaxWm
follow us in feedly