j
レバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(28)に、マンチェスター・ユナイテッド復帰説が浮上した。英『テレグラフ』が報じている。  チチャリートは、2010年7月にユナイテッドに加入。14年9月にはレアル・マドリーへ期限付き移籍したが、完全移籍のオプションは行使されず、15年8月にレバークーゼンに売却された。しかしブンデスリーガに活躍の場を移してから在籍3年間で公式戦75試合に出場し、38ゴールを記録。ドイツで価値を高めている。以下略(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



・いいや、もうぎこちないゴールを見たくない。(チェルシーファン)


・彼を一年前に再獲得するべきだった。


・モウリーニョは、もしもマンUにまだ彼がいたら、売却することはなかったと言っているだけでは?
彼が積極的に獲得に動くと思えない。


・彼はラッシュフォードの良いバックアップになると思う。


・彼が控えとしてインパクトを残したのを思い出せない。
試合の流れを変える必要がある時、彼は変えることが出来なかった。
ほとんどボールに触れなかった。


・今のユナイテッドなら、チチャリートは先発すると思う。
現状では、彼はラッシュフォードよりも上だ。
控え選手になるためにやってくるほど彼は頭が悪くないよ。


・↑ズラタンが怪我をしたから、チチャリートは先発するだろうね。
ラッシュフォードは左でもプレーできるから、たくさん先発してきた。


・彼を連れ戻せ。
私は彼の大ファンだ。
酷い監督によって、追い出されてしまったが、彼も復帰には前向きなはずだ。





・彼のプレーをあまり見ていないが、今シーズンは酷いんじゃなかったのか?
ゴール欠乏症に陥ったと耳にしたが。


・奇妙に聞こえるかもしれないが、もしオーバメヤンがドルトムントを去るのなら、チチャリートにはドルトムントで活躍して欲しい。


・↑チームにフィットするだろうが、ドルトムントにはもっと大物の後釜が必要だと思う。
私はブンデスリーガでラカゼットを見たい。
でも、ドルトムントにとっては競争が厳し過ぎると思う。


・チチャリート、戻っておいで。
君のことが恋しいよ。


・今夏、我々は彼を簡単に買い戻せる。
モウリーニョは、彼を評価しているし、グリーズマンとラッシュフォードの手助けになるはずだ。
そんなに金がかからないしね。


・↑私は間違いなく賛成する。


・でも、彼は控えとして戻ってくることになる。
そして、彼はそれを望まない。

https://goo.gl/e4tun5,https://goo.gl/JQBpVR
follow us in feedly