j
ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに対し、中国スーパーリーグの天津権健から破格のオファーが届いたようだ。フランス紙『レキップ』の報道を引用し、ドイツ誌『kicker』が報じている。  『レキップ』をはじめとするフランスのメディアが伝えたところによれば、オーバメヤンに対して年俸5000万ユーロ(約62億円)にも上るオファーが提示された模様。ただし移籍成立のためには、2020年まで契約を残すドルトムントとの間で合意に達する必要がある。移籍金については、おそらく8000万ユーロ(約99億円)と見られているようだ。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・ヨーロッパのクラブは、中国の熱を感じている。


・金にはもっと高い野望があるのを知っているが...凄い額だな。


・↑スポンサーに給与...サッカー選手はもはや大金持ちだ。


・中国に移籍しろ!


・彼らは一体どこからそれだけの金を調達しているんだ?
彼の週給を支払ってくれる大金持ちが20人くらいいるのかな。


・中国では金が木になっているのか?


・中国に行くためにレアルからのオファーを断ったら本当に愚かだぞ。


・彼は自分のキャリアを台無しにしたがっている。





・我々には8000万ユーロ(約99億円)しか入ってこない。
中国には呆れる。(ドルトムントファン)


・↑8000万ユーロは良い額だけどな。


・やめてくれ、オーバメヤン...。


・スパーズでケインのバックアップになってほしい。
エリクセン、アリ、ソン、そして彼がゴールを量産するだろう。


・↑オーバメヤンは、ケインよりも上だろ。(笑)


・こういう馬鹿馬鹿しい噂はやめるべきだ。
先週は、ネイマールがユナイテッドと合意したと報じられた。


・オーバメヤンはパウリーニョと同じことをする。
バイエルンに移籍する前に、中国で自分の価値を証明する。


・中国でキャリアを台無しにすることになる。

https://goo.gl/LE6b6W,https://goo.gl/GKYX7a,https://goo.gl/1NMwke
follow us in feedly