tr
8日にオーストラリア・アデレードで行われたW杯アジア最終予選B組のオーストラリア―サウジアラビア戦で、サウジアラビア代表選手の行動が話題となった。
 キックオフ直前、3日に英ロンドンの中心部ロンドン橋などで起きたテロ事件の犠牲者に、1分間の黙とうがささげられた。オーストラリア代表の選手は一列に並んで肩を組んで黙とう。サウジアラビア選手はピッチ中央には集まらず各自がピッチに散らばった。
 黙とうを拒否したように見えるサウジアラビア代表の行動に対し、テロで犠牲者が出たオーストラリアの地元観客からは非難のブーイングが飛んだ。ネット上でも非難の声が上がった一方で、文化の違いによる誤解との指摘もあった。以下略(スポニチ)
海外の反応をまとめました。


動画


・もしこれが私の国の代表チームだったら恥ずかしいだろうな。


・↑サウジの人々もこれを嬉しく思っていないだろう。


・↑正直、彼らは気にしないと思う。


・石油が必要なくなるのが待ち遠しい。


・誰もこのことに驚かない。


・失礼だ。
彼がこの件で罰せられることを祈る。
彼らの痛いところをつけ。
勝ち点3をはく奪しろ。


・テロ活動を支援していたのは、カタールじゃなかったんだな。


・文化と言葉の壁があるんじゃないか?


・シャペコエンセの飛行機事故では、彼らも黙とうを捧げていた。
だから彼らは自分たちが何をしているのか理解している。
「文化的な理由」は、一番酷い言い訳だ。





・サウジの選手一人も黙とうしていないか?


・イラク、アフガン、トルコ、ロシアで起きたテロの犠牲者に対する黙とうを我々がいつ行った?


・これにイライラするのは分かるけれど、中東でテロが起きても、西洋にいる我々のほとんどは気にしないだろうし、我々の国で黙とうをささげることもない。


・アラブ諸国でどれくらい黙とうがささげられた?


・君たちは一体何を期待しているんだ?


・これに驚いた人がいることに、私は驚いたよ。


・サウジアラビアが我々の武器を買い続ける限り、彼らは好きなことをしてもいい。


・イランでの犠牲者に対する黙とうは?

https://goo.gl/Os2DfY,https://goo.gl/yM6Wzv,https://goo.gl/Z74uuw
follow us in feedly