iu
チームの縮小化をすすめるボルシア・ドルトムント。今度はミケル・メリーノが、ドルトムントをあとにし、ニューカッスルへと戦いの場をうつすことになった。買い取りオプション付きのレンタル移籍となっている。 昨夏にオサスナから加入した同選手だったが、今夏に解任となったトーマス・トゥヘル監督の下で、公式戦が51試合もありながらわずか318分の出場にとどまっており「オプションはいくつかあったけど、ニューカッスルが正しい選択だと思った」と決断した理由について説明している。以下略(キッカー日本語版)
海外の反応をまとめました。




・ニューキャッスルにとって素晴らしい。


・我々に左利きの選手は、もう必要ない。
数がそろっている。


・グッドラック。
トゥヘルが一年も君を控えにしたことを残念に思う。
もうすぐ君はスターになるはずだ。


・彼はドルトムントで試合に出ていたのか?
オサスナでプレーする彼を見たことがあるが、良くなったか分からない。


・↑端的に言えば、あまり試合に出なかったが、ポテンシャルは見せた。


・彼に一体何が起きたんだ?


・↑ほとんどプレーしなかったし、本来のポジションではなかった。


・メリーノ「ボールに触れることを楽しみにしている」
↑会心の一撃!


・メリーノが出場試合数が既定数に達した場合、ニューキャッスルに買取り義務が発生する条項も含まれている。





・ローデのような若くて、前途有望な選手がいるなら、誰がメリーノなんて必要とする。
この移籍が賢いものかどうか分からないよ。


・ニューキャッスルにとっては、素晴らしい契約になるかもしれない。
間違いなくベニテスのスペイン人のコネだ。


・彼はビルバオに向かうと思っていたのに。


・↑我々は完全移籍で彼を獲得したかったが、ドルトムントはレンタル移籍を望んだ。


モルもレンタルに出される気がする。
願わくば、買取条項抜きのレンタルでね。


・↑ハノーファーにレンタルに出されるという噂があるよ。


・ニューキャッスルへようこそ、ミケル。

https://goo.gl/t49oTf,https://goo.gl/TnpyGC,https://goo.gl/5JRnmu,https://goo.gl/mDBbGw
follow us in feedly