y6
カリフォルニアのサンタ・クララにて行われたジャマイカ代表戦を、木曜朝にハイライトでチェックしたクリスチャン・プリシッチ。「いい勝利だね」と語った18歳は、今回の代表参加については、ボシュ新体制での重要な準備期間に臨むために、アリーナ代表監督との話し合いで見送ることとなった。 (中略) 新たなシーズンに向け、「もっと得点力を増していきたい」と意気込む同選手は、「昨シーズンに示したいいステップを継続していきたい」と言葉を続けており、メディアとの話し合いでは、あまり多くを語らず行動で示すというタイプではあるものの、「僕たちにはブンデスリーガを優勝するチャンスはあると思う」と、王者バイエルン・ミュンヘンに挑戦状を叩きつけた。(キッカー日本語版)
海外の反応をまとめました。




・本当にそう願うよ、クリスチャン。そう願う。(ドルトムントファン)


・つまり、可能性があると?


・ドルトムントの連中は、みんなそう言う。


・落ち着けよ。
君らのディフェンスラインを考えると、EL圏内で満足するはずだ。


・いいね。
若者の楽観主義は、チーム内でいつでも歓迎される。


・多くの人々が、この発言で彼を馬鹿にしているが、私は気に入った。
私はバイエルンファンだが、彼らの楽観的な発言を聞けて嬉しい。
最近の彼らは、負け犬のような態度をとってきた。


・プリシッチ「バイエルンの冷たい手からタイトルを奪う」
シュメルツァー「3位でもいいかな~」


・久しぶりに優勝する可能性があると思う。
ラームとアロンソがいないバイエルンは、弱くなった。
ノイアーとボアテングは、慢性的な怪我を抱えている。





・優勝できない状態が続いているだと?
我々はポカールを獲得した。


・なぜ優勝出来ないと?
我々がどのようにシーズンをスタートするか見てみよう。


・プリシッチがそう言うなら、俺たちは優勝する!
真面目な話、我々にはやることがたくさんある。
プリシッチが21歳になるまでにブンデスリーガで優勝することが目標だ。
それより前は不可能だ。


・↑君たちに欠けているものは何?


・↑2011年のディフェンスライン。


・↑ヴァイグルは、ベンダーやケールのように守備を十分にカバーしない事実を加えておきたい。


・↑これはほとんどのファンが認めたがらない不幸な事実だ。


・フランクフルトが優勝する。

https://goo.gl/oA3xZP,https://goo.gl/nScvmq
follow us in feedly