pp
 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は、20日に行われたブンデスリーガ第5節の敵地ケルン戦で相手のシュートを首で防ぐ魂のプレーを見せた。この“首ブロック”を、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが「ディフェンダーセーブ! ハセベがシュートコースに首を置く」と動画付きで改めて紹介している。以下略(
海外の反応をまとめました。



動画


・なんというヒーローだ!


・安らかに眠れ。


・誰か911に電話だ!
真面目な話、私があの場にいたら、よけていただろうな。(笑)


・サムライだ。


・彼は大丈夫だったのか?


・彼が無事であったと祈る。


・正面から受けなくても、背を向けてシュートを防げたと思う。


・顎へのパンチみたいだったな。
KOだ。





・サムライがどこに行ったのか誰も知らない...。


・待ってくれよ、手からボールが落ちたぞ。


・彼はヴォルフスブルクの優勝チームでファイターだったが、今でもファイターだね。


・リバプールには、彼が必要だ。


・↑彼はリバプールを必要としていない。

https://goo.gl/SsvRqH
follow us in feedly