gf
前略 コロンビア『W RADIO』のインタビューに応じると、当時についてバッカは「ミランで過ごしたシーズンは、個人的なレベルでは好調だったよ。僕は与えられていた目標も達成することができていたしね。でも、もっと活躍できたかもしれない。監督やチームの助けがあればね。でも残念ながら、僕がいたミランは史上最悪のミランだった」とコメント。ただ「ミランがヨーロッパの舞台へ戻れたことが、僕は幸せだった。セビージャを離れる際に掲げた目標だったからね。復帰に貢献することができたし、顔を上げてチームを去ることができたよ」とも述べている。以下略(the WORLD)
海外の反応をまとめました。




・お前はその史上最悪のミランの一員だった。


・公平なことを言うとすれば、史上最悪のミランでなかったら、彼はチームに入れなかった。


・ふざけんな。
お前はほとんどチームメイトの手助けにならなかっただろ。


・最初のシーズンは酷いパフォーマンスのせいでお前は何度もベンチに座った。
お互い様だ。


・彼にとっては良いことだったろ。
もしも私が幼少期の頃のミランだったら、ベンチ入りすら出来なかったぞ。


・正直、強いミランだったらバッカは主力のストライカーにはなれない。
彼は平凡なチームにふさわしい平凡な選手だ。


・↑彼は平凡とは程遠い。
モンテッラが来てから、チームは彼に合ったプレーをしなかった。


・↑これだな。
エリア外での彼は水の外の魚みたいなものだ。





・ミランはセリエBでプレーしたことがるぞ。2度もね。


・↑真面目な質問だが、それは降格のせいではなく八百長のせいだと思ったが?


・↑一方は八百長のせいだが、もう一方は彼らが酷かったからだよ。


・↑彼らはヨーロッパの頂点から6年でセリエBに降格した。


・バッカがストライカーだったから、最悪のミランだったとしたら?


・彼はウエストハムに来るべきだった。


・↑ミラノかフィッシュ&チップスか...う~ん。

https://goo.gl/dmhVy6
follow us in feedly