hh
クラブ幹部の誘い文句に魅力を感じなかったため、ユナイテッドに行かなかったとドイツ人指揮官が語った。 伝記『ブリング・ザ・ノイズ(著:ラファエル・ホニグステイン)』の中でユルゲン・クロップ監督は、2014年にマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったことを語っている。 2013-14シーズンからアレックス・ファーガソン氏に代わりデイヴィッド・モイーズ氏が指揮したマンチェスター・ユナイテッドだったが、不振に陥っていたため、2014年に当時ボルシア・ドルトムントを率いるクロップ指揮官の招聘に動いていた。実際にモイーズ氏解任の数週間前、クラブ幹部のエド・ウッドワード氏はドイツに赴き、同指揮官と会談したことが明らかにされた。以下略(goal.com)

海外の反応をまとめました。



・コメント欄は戦場になるだろう。


・今頃、我々は世界一セクシーなサッカーをしていただろうな...。(マンUファン)


・つまり彼はユナイテッドを鼻であしらったんだな。


・クロップに鼻であしらわれ、グアルディオラに鼻であしらわれ...。


・典型的なユナイテッドのやり口だ。
モウリーニョが残っても、すぐにリーグ制覇をすることはないだろう。


・モウリーニョを監督にした日、私はユナイテッドに対するリスペクトを失ったよ。


・クロップはモウリーニョよりも良いサッカーをする。


・もちろんクロップはユナイテッドを冷たくあしらうさ。
ルーニーがどれほど酷いか知っていたからね。


・クロップが我々に加わらなくて良かった。
今の我々には守備力がある。
クロップの下ではそれは望めなかっただろう。(マンUファン)


・↑我々は少なくともそれをゴールで埋め合わせしている。(リバプールファン)





・惨事を免れることが出来た。
クロップはドイツ版ロジャーズだよ。
今シーズンの彼らは50点くらい失点するだろう。


・クロップは最も過大評価されている監督の1人だ。
でもメディアは彼のことが大好きだ。


・マンUとリバプールには共通点が1つだけある。
過去の栄光の中で生きている。


・クリスマスまでには、クロップはまた獲得可能になるよ。


・↑ユナイテッドの監督の座もそれまでに空くだろう。


・マンUは幸運にも逃れることが出来た。
クロップはリバプールに来て以来、チームを前進させていない。


・公平なことを言うとすれば、あの時期はみんながマンUを冷たくあしらった。


・正直、クロップはマンUが彼には大きすぎると知っていたと思う。

https://goo.gl/Syx2NG,https://goo.gl/dPzPAM
クロップ「私が今までに指導した中で最高の選手は・・・」(海外の反応)
follow us in feedly