ff
【11月22日 AFP】ロシアサッカーでは今季、極東のハバロフスク(Khabarovsk)に本拠地を置くSKAハバロフスク(SKA Khabarovsk)がプレミアリーグ(1部)に昇格した。(中略) 下院副議長で、ロシアサッカー協会(RFU)の執行役員も務める熱烈なスポーツファンのイゴール・レベデフ(Igor Lebedev)氏は、各チームが世界最大の国土の反対側まで遠征し、北極のような気候の中でプレーしなければならないのは「茶番」だと話し、「きたるSKAハバロフスク対ロコモティフの試合は、ロシアサッカー全体にとっての茶番だ。選手にとっても、ファンにとってもいいことは一つもない」と語った。  このコメントの背景には、昨季リーグ2位のCSKAモスクワ(CSKA Moscow)が18日にハバロフスクとのアウェーゲームに臨み、氷点下15度前後の寒さの中でプレーした事情がある。レベデフ氏は「ロコモティフとCSKAが、どちらもロシアを代表して欧州の舞台で戦い、数多くの代表選手を抱えていることを考えてほしい。あんな気温でピッチに出られるわけがない」と話している。以下略
海外の反応をまとめました。




・かなり寒いな。
私は気温10度でも耐えられないのに、彼らは-20度の中プレーする。


・↑-20度なら温かい。-40度は寒い。


・母なるロシアでは、寒さや雪では何も止められない。


・素晴らしいワールドカップになるだろう。


・選手にとっても観客にとっても少し過酷過ぎるな。
凍えるような寒さの時は、室内でプレーすることを許されるべきだ。
ロシア人はタフすぎるだろ。


・愚かなロシア人たちだ。
彼らはワールドカップで酷いプレーをするだろうから、言い訳しようとしている。


・簡単だろ。
試合を延期しろ。





・それで低い気温と骨折に何の関係があるんだ?


・↑-20度のピッチはコンクリートだ。


・暖房のある室内でやれよ。
いずれにせよ、極東での試合は観客が少ないだろ。


・ロシアでは暖房のある室内でプレーすることが許されるべきだ。


・CSKAのファンたちは見に行ったのか?


・↑観客の数は満員の5569人だった。
ツイッターでは30~40人に見えた。

https://goo.gl/RM2Gws,https://goo.gl/BKFybP,https://goo.gl/zj7fbs
-30度のカナダで凍ったカップ麺(海外の反応)
follow us in feedly