dd
最近の公式戦10試合で、3部マグデブルクを相手に収めたわずか1勝。先日の宿敵シャルケとのレヴィアダービーでは、ホームの観衆の前で4点差を追いつかれる失態を演じたボルシア・ドルトムント。 その直後に行われた年次総会では、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「いかなる問題も取り除いていく」覚悟と、「ミスについての分析」を徹底していく考えを強調。まさにこの1週間はそのために費やされており、ドルトムントはボシュ監督とともに、週末のレヴァークーゼン戦からできだけ早期に事態の打開をはかりたい考えだ。 極度の不振から一気に進退問題にまで発展したペーター・ボシュ監督は、そのレヴァークーゼン戦、つづくCLレアル・マドリード戦、そしてヴェルダー・ブレーメン戦までは、少なくとも続投することになる模様。 だがそれでも軌道の修正がみられない場合は、ドルトムントは半年間の橋渡し役としてのピンチヒッターについても模索しており、3・4人浮上している候補者のなかには、アルミン・フェー氏の名前の浮上しているようだ。以下略(キッカー日本語版)
海外の反応をまとめました。




・ハネス・ボルフ、彼しかいない。


・↑我々は自発的に無料でシュツットガルトに彼を与えた。
だから彼らは我々にお返しをするべきだ。


・↑ハハハ。我々は彼を「与えて」いない。
でも、この見方を気に入った。


・↑彼が去るのを許したのと与えたのは近いことだろ。


・平均以上の監督を獲得することに悲観的なのは私だけか?
ヴォルフが最も可能性があったが、彼が役に立たない可能性は大いにある。


・↑フリーの監督にはリスクが付きまとう。
理論上ではアンチェロッティとバイエルンは、かなり良く聞こえる。
ワールドクラスのクラブとワールドクラスの監督だ。
全く上手く行かなかったけどね。


・↑私は最初からアンチェロッティが上手く行かないと分かっていた。


・ファーヴルは、ほぼクビだ。
だからもうすぐ彼は獲得できる。
それにしても...一体誰がクビになったばかりの男を雇うんだ?(笑)





・私の夢はナーゲルスマンだが、それは実現しないだろう。


・ファーヴルはもうすぐニースを去る。


・↑ファーブルも新たなボスにすぎない。
彼が我々の選択肢ではないことを祈る。


・↑ファーブルにはボスよりも経験と実績がある。


・↑ファーブルは新たなボスというよりも新たなトゥヘルだろ。


・シーズン終了まではベルント・シュスターのような人物に任せるのはどうだろうか?
彼は08年にレアルで良い攻撃サッカーでリーグを制した。

https://goo.gl/dKQEYQ
follow us in feedly