hf
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間30日のサウサンプトン戦を0-0で終え、前半に日本代表DF吉田麻也のハンドが見過ごされた指摘し、「明らかなPKが与えられなかった」と審判の判定に苦言を呈した。クラブ公式サイトが試合後のコメントを報じている。以下略(フットボールゾーンウェブ)

海外の反応をまとめました。



・いつも不満を言うのをやめろよ。


・レスター戦でのラッシュフォードのは?


・うん、エレーラはダイブでPKを貰えなくて不運だった。


・でもホセよ、退場にならなかったヤングの肘打ちは?


・↑モウリーニョは間違いなくタディッチを責めるだろう。


・それで、タディッチが終了間際にエリア内でひじ鉄を食らったのは見なかったのか?
もしくはポグバが吉田を押したのは?


・我々は間違いなくモウリーニョの精神崩壊を目の当たりにしている。


・まぁ、俺たちはPKを取られなくてラッキーだったな。
でも、ヤングのタディッチに対するエルボーでチャラだ。


・いずれにせよ、PKではなかった。
リンガードが吉田に向かってボールを蹴った時、吉田は1ヤードもリンガードから離れていなかった。
彼には腕を動かせるはずがなかったよ。





・この男は本当に面白いな。


・おいおい、モウリーニョ。
もうやめてくれ。(マンUファン)


・↑この調子で行くと、もしもエバートン戦で勝ち点3を得られなかったら、ファンの応援が十分ではないと彼は非難するだろう。


・↑我々の元にいたときに、彼はそれを言った。
スタンフォードブリッジが静かすぎたと彼は言った。(チェルシーファン)


・プレミアリーグはメモを見なかったのか?
これはモウリーニョの2季目だぞ?
彼はリーグ優勝しないといけない!


・↑モウリーニョが十分に不満を言えば、英サッカー協会はシティから勝ち点を剥奪するかもしれないぞ。


・↑それでもユナイテッドはリーグ優勝しないよ。

https://goo.gl/YYb2zi
follow us in feedly