he
今季J1復帰の名古屋グランパスが14日、名古屋市内で新体制の発表会を行った。サポーター参加の形で、新加入6選手もお披露目。その場でオーストラリア代表歴のあるGKミッチェル・ランゲラック(29)の獲得が発表されると、サポーターの期待に満ちた歓声が沸き上がった。以下略(日刊スポーツ)
海外の反応をまとめました。




・J2のチーム。
なんという凋落だ。


・↑彼らは今シーズンJ1に再昇格したよ。


・ベンゲルとストイコビッチがいたチームか。
彼らはレジェンドたちしか輩出しない。


・彼のキャリアがこれほど急速に転落するとはね。


・↑しかもメルボルン・ビクトリーのファンによると、彼はライアンよりも上らしい。


・↑ライアンとランゲラクを同列にする人間なんていないだろ。


・ランゲラクは間違いなく不運だ。
シュツットガルトではツィーラーがいたし、レバンテ移籍は正GKがバルサ相手にマンオブザマッチの活躍をした。
典型的な海外でプレーするオーストラリア代表だよ。





・来シーズン、ヴァイデンフェラーが引退した後、ビュルキの控えGKとしてチームにいて欲しい。
でも、先発GKとしてプレーできるチームに移籍する彼の選択を尊重する。
彼のような良い奴が、不運に見舞われて、レギュラーでプレー出来ないのはとても残念だ。


・↑彼がどうして先発落ちして、ツィーラーが毎試合先発し始めたか確信が持てない。


・ドイツに留まるべきだったよ。


・願わくば、母国に帰ってきて欲しい。


・契約期間は?


・もう一人のGKが副キャプテンなら、彼はまたベンチに座ることになりそうだな。


https://goo.gl/1rQyU1,https://goo.gl/uaF1E9,https://goo.gl/gzq3PP,https://goo.gl/QHWou1,https://goo.gl/QViXMP
follow us in feedly