j
【1月15日 AFP】14日に行われた17-18フランス・リーグ1のナント(FC Nantes)対パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)の試合で、トニー・シャプロン(Tony Chapron)主審がたまたま自身ともつれあったナントの選手に蹴りを入れ、退場処分にするという暴挙に及んだ。  問題の場面はPSGが1点リードして迎えた試合終盤に起きた。PSGのカウンターの場面で、シャプロン主審は自陣へ戻るナントのCBディエゴ・カルロス(Diego Carlos)と接触して転倒。すると主審は倒れたままカルロスに足払いを見舞うと、さらに同選手にこの試合2枚目のイエローカードを突き付け、観客とテレビの前のファンをあぜんとさせた。試合はPSGが1-0で勝利している。以下略
海外の反応をまとめました。



動画



・これは信じられない。
彼はクビになるべきだ。


・どうやらクリス・ビースよりも酷い審判が存在するようだ。


・第四審判が彼にレッドカードを出すべきだった。


・偶然転ばされたから、彼を退場にしたと言わないでくれよ。
もしそうならば、あの審判は二度と試合で笛を吹くべきではない。


・↑転ばされたから、退場にしたんだよ。


・↑ああ、間違いなく彼のキャリアは終わりだ。


・審判が急に進行方向を変えた。
選手は意図的に審判を転ばそうとしたわけではない。


・今朝、これを見たけれど信じられなかったよ。ハハハ。





・一悶着があった後、選手が汚い言葉を使ったから退場にしたんだと思う。
いずれにせよ、この審判は愚かだけど。


・それでもビデオ判定システムによる判定よりはマシだ...。


・信じられない。
抗議して、審判を訴えるべきだろ。


・審判に対してもビデオ判定システムを使えないのか?
シミュレーションの後に暴力行為を働いた。


・審判はあのシミュレーションを恥じるべき。


・公平なことを言うとすれば、審判は決定機を迎えていた。
エリア内にスプリントして、ヘディングで押し込もうとしていたからな。

https://goo.gl/nw9EcK,https://goo.gl/q7RfiM,https://goo.gl/iDuQ4S
follow us in feedly