wr
前略 ストライカーの代役候補として噂に上がっているオーバメヤンについて尋ねられると、「今のところ、何も具体的なことは話せない。こういったことは秘密にしておいたほうが良いからね。一度、目に見える形になってから公にするものだよ」と前置きした上で、「強烈なキャラクターは良くもあれば、悪くもある。だが、オーバメヤンのようにすでに実績を積んだ上での強烈なキャラクターは(ピッチ上で)ポジティブなものをもたらしてくれるだろう」と言及した。  ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はこれに反発。「他クラブの選手について話すのはリスペクトに欠ける。アーセナルからのコンタクトもない」とクラブの広報を通じて発表し、「アーセナルは自分のチームのパフォーマンスを気にする必要があるのではないか、と私たちは思うが」と皮肉を続けた。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・どうリスペクトに欠けるの?


・ベンゲルは「プリーズ」と言わなかった。


・まだ聞いてないのか?ベンゲルはもはや何も気にしない。


・正直、火に油を注いだベンゲルに少しガッカリした。


・ベンゲルを好きに呼ぶが良いが、彼を不敬と言うことは出来ない。


・↑イングランドのすべての審判が異論を唱えると思う...。


・↑まぁ、尊敬というのは勝ち取るものだ。


・とても奇妙だ。
他クラブの選手について語る監督はたくさんいるし、彼らは非難されていない。


・ドルトムントの過剰反応だよ。
彼はとても静かだし、オーバメヤンの移籍についてほとんど発言していない。





・ベンゲルはリスペクトの縮図だぞ。


・↑敬意を欠いたとサッカー協会に罰金を科せられたばかりだろ。


・↑去年は第四審判を押して、罰金を科せられた。


・ベンゲルは終わるまで語りたくないと言っただけなのに。


・リスペクトに欠けているわけではない。
今の時代、野蛮にならないといけないんだよ。
ここ数年、彼が選手を獲得するために行った方法は上手く行かなかった。
彼は必要なことをしないといけない。


・今回の移籍市場は狂っている。

https://goo.gl/XDKk43
ベンゲル「サッカーは日本の相撲から学ぶべき」(海外の反応)
follow us in feedly