fe
 22日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグでナポリ(イタリア)と対戦するライプツィヒ(ドイツ)が、敵将であるマウリツィオ・サッリ監督の要望に応えて喫煙所を仮設したことが分かった。20日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。  ナポリのサッリ監督はイタリアサッカー界随一のヘビースモーカーとしても知られている。15日に行われたファーストレグでは、試合中にタバコの切れ端を咥えながら指揮を執る姿をカメラに撮られるほどだった。そのため、ライプツィヒはアウェイチーム用のロッカールームと仕切りを挟んで隣接しているマッサージルームの間に、さらに壁を仮設して同監督が試合の前後やハーフタイムに利用するための喫煙スペースを確保した。以下略(Footmedia)
海外の反応をまとめました。




・本当に親切で面白い行為だな。


・奇妙なほどに思いやりがあって、非現実的だね。


・ライプツィヒはそんなことをするべきではなかった。


・どうして危険な行為を奨励するんだ?


・来季、チームを率いてもらえるように彼のことを誘惑しているんだよ。


・ライプツイヒを勝たせてくれたことを感謝しているんだろ。


・大人がタッチライン際で煙草を吸えないのは馬鹿げている。


・↑悪いお手本だからだろ。それでもサッリは吸うけどね。






・トップレベルのアスリートなのに、喫煙所が必要なくらい煙草を吸うのか?


・↑アスリートだって煙草を吸うよ。
サッリほどではないだろうけど。


・↑ナインゴランってヘビースモーカーだろ?


・煙検知器をオフにすることは違法では?


・↑煙検知器は煙草の煙に反応しないよ。
かなり前からそうなっている。


・いずれにせよ、我々はこの大会から敗れ去る。
でもこういう親切な行為はどんな時でも素晴らしい。
ベンチに灰皿も置いてくれよ。

https://goo.gl/V1RT1x
サッカー選手が喫煙?ウィルシャーの喫煙騒動にベンゲルが苦言(海外の反応)

ヴァーディーが成功した秘密をカメラが捉える?(海外の反応)
follow us in feedly